\ 年に1度のプライムデー!先行セール開催中 /

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを比較

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを比較

\ 年1回だけ!100万点以上が大特価 /

【先行セール開催中】

~ 7/15(月)23:59まで

Jackeryポータブル電源1000NewPro違いを知りたい」
Jackeryポータブル電源1000NewProどっちが自分に合っているのか知りたい」

あきら

この記事はこんなお悩みをスッキリ解決する記事です。

2024年月7月10日にJackeryポータブル電源の新型モデル「1000 New」が新発売

新型モデル発売にともない、「1000 Pro」は型落ちとなりました。

本記事では家電量販店マネージャーの私が、Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを徹底比較し、どちらがどんな人におすすめかについて解説しています。

この記事を読めば、どっちがあなたにぴったりのポータブル電源かが分かります。日常使いできる使い勝手の良いポータブル電源を探している人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いは14個

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
電池素材リン酸鉄リチウムイオン電池三元系リチウムイオン電池
容量1,070Wh1,002Wh
定格出力1,500W
(瞬間最大3,000W)
1,000W
(瞬間最大2,000W)
サイクル数
(寿命)
4,000回1,000回
スマホアプリ対応非対応
充電時間1.7時間
緊急充電モードあり)
1.8時間
バッテリー節約モードありなし
UPS機能
パススルー機能
ありなし
USB出力数USB-A×1
USB-C×2
USB-A×2
USB-C×2
充電口の位置側面背面
充電温度
動作温度
充電:0~45℃
動作:-10~45℃
充電:0~40℃
動作:-10~40℃
サイズ約327 x 224 x 247 mm約340 x 262 x 255mm
重量約10.8kg約11.5kg
価格(税込)139,800円約149,800円
【参考】
発売日
2024年7月10日2022年9月5日
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)がおすすめな人

  • 安全性は高いほうがいい人(リン酸鉄リチウムイオン電池
  • 寿命は長いほうがいい人(サイクル数4,000回
  • 同時にたくさんの電化製品を使いたい人(定格出力1,500W
  • スマホアプリで操作したい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(緊急充電モードあり
  • UPS/パススルー機能がほしい人
  • 充電はしやすいほうがいい人(充電口が側面
  • コンパクトで軽いほうがいい人(同じ要領で業界最軽量
  • コスパ重視の人(型落ちより10,000円安い

Jackeryポータブル電源1000Pro(型落ち)がおすすめな人

  • 型落ちモデルでも気にしない人
  • 寿命は最低限でいい人(サイクル数1,000回)
  • スマホアプリで操作はしない人
  • UPS/パススルー機能はいらない人
あきら

Jackery 1000 Newは新型モデルで全体的な性能が上にも関わらず、価格は型落ちJackery 1000 Proより10,000円安いです。買うなら「Jackery 1000 New」一択です!

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

Jackery 1000 Newが在庫切れ等でない限り、あえてJackery 1000 Proを買う理由はとくにありません。

Jackery Japan 楽天市場店
¥149,800 (2024/06/09 12:15時点 | 楽天市場調べ)
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

【関連記事】jackery1000とproとplusの違いを比較 ポータブル電源

【関連記事】ポータブル電源で後悔?100人アンケート結果を解説

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

タップできる目次

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを比較

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを比較

Jackery 1000New(新型モデル)1000Pro(型落ち)の違いは以下の14個です。

新旧モデル共通の特長は「Jackeryポータブル電源1000NewとPro 共通の特長」をご覧ください。

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
電池素材リン酸鉄リチウムイオン電池三元系リチウムイオン電池
容量1,070Wh1,002Wh
定格出力1,500W
(瞬間最大3,000W)
1,000W
(瞬間最大2,000W)
サイクル数
(寿命)
4,000回1,000回
スマホアプリ対応非対応
充電時間1.7時間
緊急充電モードあり)
1.8時間
バッテリー節約モードありなし
UPS機能
パススルー機能
ありなし
USB出力数USB-A×1
USB-C×2
USB-A×2
USB-C×2
充電口の位置側面背面
充電温度
動作温度
充電:0~45℃
動作:-10~45℃
充電:0~40℃
動作:-10~40℃
サイズ約327 x 224 x 247 mm約340 x 262 x 255mm
重量約10.8kg約11.5kg
価格(税込)139,800円約149,800円
【参考】
発売日
2024年7月10日2022年9月5日
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

以下の項目タップで飛べます

電池素材(1000Newはリン酸鉄リチウムイオン電池で安全性が高い)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
電池素材リン酸鉄リチウムイオン電池三元系リチウムイオン電池
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

電池素材について、jackery1000NEWはリン酸鉄リチウムイオン電池、1000Proは三元系リチウムイオン電池です。

リン酸鉄リチウムイオン電池三元系リチウムイオン電池は、どちらもリチウムイオン電池ですがそれぞれ異なる特徴を持っています。

リン酸鉄リチウムイオンの特長

  1. 高い安全性:LFP電池は熱安定性が高く、過充電や過放電に対する耐性が強いです。また、発火や爆発のリスクが低いため、安全性が重視される用途に適しています。
  2. 長寿命:サイクル寿命が長く、数千回の充放電サイクルに耐えられます。これにより、長期間にわたる使用が可能です。
  3. コスト:使用材料が比較的安価で、特にコバルトを含まないため、製造コストが低く抑えられます。
  4. エネルギー密度:エネルギー密度はNMC電池よりも低いため、同じ容量を確保するには大きな体積が必要です。そのため、スペースが限られる用途では不利になることがあります。
  5. 環境負荷:化学的に安定しており、環境への負荷が少ない材料を使用しているため、エコフレンドリーな選択肢となります。

三元系リチウムイオン電池の特長

  1. 高エネルギー密度:三元系リチウムイオン電池はニッケル(Ni)、マンガン(Mn)、コバルト(Co)を使用しており、高いエネルギー密度を持ちます。これにより、同じ重量や体積でより多くのエネルギーを蓄えられます。
  2. 高出力:高い放電能力があり、急速充電や高出力が必要な用途に適しています。
  3. 幅広い用途:電動車(EV)、携帯機器、ノートパソコンなど、エネルギー密度が重視される多くの分野で使用されています。
  4. コスト:使用される材料(とくにコバルト)が高価であるため、他の種類のリチウムイオン電池よりもコストが高くなることがあります。
  5. 寿命と安全性:エネルギー密度が高い一方で、過充電や過放電に対して敏感であり、安全性確保のための管理が必要です。また、温度依存性が高いです。

特長まとめ

  • エネルギー密度:三元系リチウムイオン電池(高い) > リン酸鉄リチウムイオン(低い)
  • 安全性:リン酸鉄リチウムイオン(高い) > 三元系リチウムイオン電池(普通)
  • 寿命:リン酸鉄リチウムイオン (長い)> 三元系リチウムイオン電池(短い)
  • コスト:三元系リチウムイオン電池(高い)>リン酸鉄リチウムイオン(安い)
あきら

長寿命・安全性を重視する人は、Jackery 1000 Newのリン酸鉄リチウムイオン電池がおすすめです。

容量(1000Newの方が大きい)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
容量1,070Wh1,002Wh
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

バッテリーの容量について、jackery1000NEWは1,070Wh、1000Proは1,024Whです。

大差はありませんが、少しでも容量が多い方がいい人にはJackery 1000 Newがおすすめです。

定格出力(1000NewはProより50%アップ)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
定格出力1,500W1,000W
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

定格出力について、Jackery 1000 Newは1500W、1000 Proは1,000W

定格出力とはポータブル電源が安定して供給できる電力の最大値のことで、単位はW(ワット)で表されます。

例えば、定格出力1500Wのjackery 1000 NEWであれば、1,500W以下の電化製品であれば長時間安定して使用できます。

家電の種類消費電力の目安
電気ケトル200W~1500W
家庭用冷蔵庫150W~500W
炊飯器350W~1200W
コーヒーメーカー450W~800W
ホットプレート1300W~1450W
電気グリル1600W
電子レンジ1160W~1400W
エアコン45W~2000W
扇風機10W~60W
ヒーター300W~1500W
ドライヤー600W~1400W
電動ノコギリ1000W~1400W
ランタン4W~10W
草刈機200W~500W
ノートパソコン30W
スマホ~18W
タブレット~12W
電気毛布55W
32インチ液晶テレビ60W
ドローン60W
家電の種類と消費電力の目安

しかし1,500Wを超える電化製品を接続するとポータブル電源が過負荷状態となり、故障したり安全装置が作動して電源がオフになります。

あきら

電化製品を同時にたくさん使いたい人にはJackery 1000 Newおすすめです。

サイクル数(1000NewはProの4倍長寿命)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
サイクル数
(寿命)
4,000回1,000回
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

サイクル数については、Jackery 1000 Newが4,000回、1000 proは1,000回です。

サイクル数とは充電と放電を繰り返す回数のこと。1回の充電で0%から100%まで充電し、それを使い切って0%に戻すことを1サイクルと数えます。

サイクル数はポータブル電源の寿命を知る指標となり、一般的にリチウムイオン電池を使ったポータブル電源の寿命はサイクル数で約500回~4,000回と言われています。

1日1回フル充電してフルに使う場合、寿命の目安はJackery 1000 Newは約11年、Jackery 1000 Proは約3年となります。

リン酸鉄リチウムイオン電池を採用しているため、Jackery 1000 Newは長寿命、長期的に使うことを考えている人にはJackery 1000 Newがおすすめです。

スマホアプリ(1000Newのみ対応)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
スマホアプリ対応非対応
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

Jackery 1000 Newのみスマホアプリに対応しています。

スマホアプリ(1000Newのみ対応)

アプリでできること

  • リアルタイムモニタリング:ポータブル電源の現在の電力状況(充電レベル、出力、入力電力など)をリアルタイムで確認できます。
  • リモートコントロール:アプリを通じてポータブル電源の電源のオン/オフ、出力ポートの管理などをリモートで操作できます。
  • 通知機能:充電完了時やバッテリー残量が低下した際に通知を受け取れます。
  • ファームウェアアップデート:最新の機能や改善点を利用するために、ポータブル電源のファームウェアをアップデートできます。
  • 使用履歴の確認:過去の使用データや充電・放電の履歴を確認できます。

充電時間(1000Newの方が早く、緊急充電にも対応)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
充電時間1.7時間
緊急充電モードあり)
1.8時間
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

充電時間について、Jackery 1000 Newが1.7時間、Jackery 1000 Proが1.8時間でほぼ同じです。

あきら

ただし、Jackery 1000 Newには「緊急充電モード」が搭載されており、60分の超高速充電が可能です。災害時など緊急時に備えたい人にはJackery 1000 Newがおすすめです。

バッテリー節約モード(1000Newのみあり)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
バッテリー節約モードありなし
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

バッテリー節約モードについては、Jackery 1000 Newにのみ搭載されています。

バッテリー節約モード
バッテリー節約モード

バッテリー節約モードとは充電の容量を85%までに制限し、80%を下回った場合のみ充電することでバッテリー寿命を1.5倍に延長します。

※さらに自然放電を抑える「超ロングスタンバイモード」も搭載されています。

スマホでも20~80%の充電状態で使うとバッテリーは長持ちします。100%フル充電はバッテリーに良くないと聞いたことはありませんか?

あきら

少しでもバッテリー寿命を長持ちさせたい人にはJackery 1000 Newがおすすめです。

UPS・パススルー機能(1000Newのみあり)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
UPS機能
パススルー機能
ありなし
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

UPS機能とパススルー機能については、Jackery 1000 Newにのみ搭載されています。

UPS・パススルー機能

UPS機能とはUninterruptible Power Supplyの略称で、日本語では無停電電源装置と呼ばれます。停電などの緊急事態が発生した場合でも、瞬時に電源を供給し、機器の稼働を継続させるための装置です。

パススルー充電とはポータブル電源本体を充電しながら、同時に他の機器に給電できる機能です。

あきら

UPS機能とパススルー機能があれば、常時接続して非常用電源として使いやすいです。

非常時や急な停電に備えたい人にはJackery 1000 Newがおすすめです。

USB出力数(1000Proの方が多い)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
USB出力数USB-A×1
USB-C×2
USB-A×2
USB-C×2
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

USB出力数については、Jackery 1000 Newが「USB-A×1、USB-C×2」、Jackery 1000 Proが「USB-A×2、USB-C×2」となっており、1000Proの方が出力数は1つだけ多いです。

あきら

ちなみにAC出力(コンセント)は2機種とも3つで共通です。

USB充電などを複数同時にするケースが多い人には1000Proがおすすめです。

充電口の位置(1000Newは側面で使いやすい)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
充電口の位置側面背面
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

充電口の位置については、Jackery 1000 Newは側面、Jackery 1000 Proは背面です。

Jackery 1000 Newは充電口が背面になったことにより、壁にぴったりとくっつけられるので充電しやすく、置き場所問題の解消にも繋がります。

Jackery 1000 New

Jackery 1000 New
Jackery 1000 New

Jackery 1000 Proの充電口は背面なので、充電時にスペースの確保が必要で、充電しにくいという声がありました。

Jackery 1000 Pro

Jackery 1000 Pro
Jackery 1000 Pro

充電温度・動作温度(Jackery 1000 Newの方が温度域が高い)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
充電温度
動作温度
充電:0~45℃
動作:-10~45℃
充電:0~40℃
動作:-10~40℃
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

充電温度・動作温度については、Jackery 1000 Newの方が温度域が高いです。

ほぼ同じなので、そこまで気にしなくてOKです。

サイズ・重量(1000Newの方が小さくで軽い)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
サイズ約327 x 224 x 247 mm約340 x 262 x 255mm
重量約10.8kg約11.5kg
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

Jackery 1000 Newは、Jackery 1000 Proよりもサイズ・重さが約20%小さくなっており、他社も含め1000Wh~1500Wh容量帯のポータブル電源の中で一番軽いです。(2024年6月時点)

あきら

緊急時やキャンプに持ち運ぶことを考えると、少しでも軽い方がいいよね!

サイズや重さを重視を重視する人にはJackery 1000 Newがおすすめです。

価格(1000Newの方が1万円安い)

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
価格(税込)139,800円約149,800円
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

Jackery 1000 Newは新型モデルで全体的な性能が上にも関わらず、価格は型落ちJackery 1000 Proより10,000円安いです。

あきら

買うなら「Jackery 1000 New」一択です!

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

Jackery 1000 Newが在庫切れ等でない限り、あえてJackery 1000 Proを買う理由はとくにありません。

Jackery Japan 楽天市場店
¥149,800 (2024/06/09 12:15時点 | 楽天市場調べ)
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

【関連記事】ポータブル電源で後悔?100人アンケート結果を解説

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

Jackeryポータブル電源1000NewとPro 共通の特長

Jackeryポータブル電源1000NewとPro 共通の特長

Jackeryポータブル電源1000Newと1000Proで、共通する特長は以下の2つです。

新旧モデルの違いは「Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを比較」をご覧ください。

以下の項目タップで飛べます

販売台数400万台の実績がある世界リーディングブランド

jackeryは2012年に設立された中国のポータブル電源メーカーです。

創業以来、高品質で革新的なポータブル電源を開発・販売し、世界中で400万台以上販売されるまでに成長しました。

「世界リーディングブランド」とは、jackeryが業界でリーダー的存在であることを意味します。以下の点からもその地位が伺えます:

  • 広範な市場シェア:ジャクリは、世界中で広く利用されており、多くの市場でシェアを獲得しています。
  • 技術力と革新性:ジャクリは、常に新しい技術を取り入れ、製品の改良や新製品の開発に努めています。
  • 顧客満足度:多くのユーザーから高評価を受けており、製品の性能やサポート体制も高く評価されています。

業界トップクラスの安全性を実現

ジャクリポータブル電源には、バッテリーを保護する以下のような保護機能があります。

  • 過充電保護:バッテリーが過充電されないように制御します。
  • 過放電保護:バッテリーが過放電にならないように制御します。
  • 過熱保護:バッテリーや機器が過熱しないように温度を監視し、必要に応じて冷却します。
  • 短絡保護:ショート回路が発生した場合に自動的に電源を切ることで安全を確保します。
あきら

jackeryのポータブル電源は、複数の第三者機関による安全認証を取得しています。これにより製品の安全性が客観的に証明されています。

Jackeryポータブル電源1000NewとPro 共通のスペック

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
AC入力100V~ 50Hz/60Hz, 最大15A
充電方法①コンセント(AC充電)
②ソーラーパネル
③シガーソケット
LEDライト正面にあり
メーカー保証5年間
同封品ポータブル電源本体
AC充電ケーブル
取扱説明書
保証案内書
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)とPro(型落ち)の共通スペック表

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

【関連記事】ポータブル電源で後悔?100人アンケート結果を解説

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

Jackeryポータブル電源1000NewとProがおすすめな人

Jackeryポータブル電源1000NewとProがおすすめな人

Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)がおすすめな人

Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)がおすすめな人
  • 安全性は高いほうがいい人(リン酸鉄リチウムイオン電池
  • 寿命は長いほうがいい人(サイクル数4,000回
  • 同時にたくさんの電化製品を使いたい人(定格出力1,500W
  • スマホアプリで操作したい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(緊急充電モードあり
  • UPS/パススルー機能がほしい人
  • 充電はしやすいほうがいい人(充電口が側面
  • コンパクトで軽いほうがいい人(同じ要領で業界最軽量
  • コスパ重視の人(型落ちより10,000円安い

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

Jackeryポータブル電源1000Pro(型落ち)がおすすめな人

Jackeryポータブル電源1000Pro(型落ち)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

Jackeryポータブル電源1000Pro(型落ち)がおすすめな人
  • 型落ちモデルでも気にしない人
  • 寿命は最低限でいい人(サイクル数1,000回)
  • スマホアプリで操作はしない人
  • UPS/パススルー機能はいらない人

Jackery 1000 Newが在庫切れ等でない限り、あえてJackery 1000 Proを買う理由はとくにありません。

Jackery Japan 楽天市場店
¥149,800 (2024/06/09 12:15時点 | 楽天市場調べ)
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

Jackeryポータブル電源1000NewとProを最安値で買う方法

最安値で買う方法

Jackeryポータブル電源1000NewとProが買える場所は、ネットショップ(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)、公式サイト、家電量販店などです。

Jackeryポータブル電源1000NewとProを最安値で買いたい人は「公式サイト」か「ネットショップ(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)」を使いましょう。

あきら

公式サイト限定で割引キャンペーンを実施していることが多いので、基本的にはまず公式サイトをチェックして、キャンペーンをやっていなければ、ネットショップで買いましょう。

\ 公式サイト限定のキャンペーンあり /

⇒公式サイトはこちら

ネットショップでは独自のポイントサービスを導入しており、2~10%程度ポイントが付与されるので、実質定価以下で買えるからです。

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

【関連記事】ポータブル電源で後悔?100人アンケート結果を解説

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

Jackeryポータブル電源1000NewとProについてよくある質問まとめ

よくある質問

Jackeryポータブル電源1000NewとProについて、よくある質問と回答をまとめました。

Jackeryポータブル電源1000NewとProならどっちがおすすめですか?

Jacker1000Newがおすすめです。なぜなら、性能が上で値段は1000Proより安いからです。

jackeryはどこの国の製品ですか?

jackeryは2012年に設立された中国のポータブル電源メーカーです。

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを比較

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを比較

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いを比較しました。

両者の違いは14個で、他の機能や性能は同じです。

この記事の結論

Jackeryポータブル電源1000NewとProの違いは14個

Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 New
(新型モデル)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
Jackery 1000 Pro
(型落ち)
電池素材リン酸鉄リチウムイオン電池三元系リチウムイオン電池
容量1,070Wh1,002Wh
定格出力1,500W
(瞬間最大3,000W)
1,000W
(瞬間最大2,000W)
サイクル数
(寿命)
4,000回1,000回
スマホアプリ対応非対応
充電時間1.7時間
緊急充電モードあり)
1.8時間
バッテリー節約モードありなし
UPS機能
パススルー機能
ありなし
USB出力数USB-A×1
USB-C×2
USB-A×2
USB-C×2
充電口の位置側面背面
充電温度
動作温度
充電:0~45℃
動作:-10~45℃
充電:0~40℃
動作:-10~40℃
サイズ約327 x 224 x 247 mm約340 x 262 x 255mm
重量約10.8kg約11.5kg
価格(税込)139,800円約149,800円
【参考】
発売日
2024年7月10日2022年9月5日
Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)と1000Pro(型落ち)の比較表

Jackeryポータブル電源1000New(新型モデル)がおすすめな人

  • 安全性は高いほうがいい人(リン酸鉄リチウムイオン電池
  • 寿命は長いほうがいい人(サイクル数4,000回
  • 同時にたくさんの電化製品を使いたい人(定格出力1,500W
  • スマホアプリで操作したい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(緊急充電モードあり
  • UPS/パススルー機能がほしい人
  • 充電はしやすいほうがいい人(充電口が側面
  • コンパクトで軽いほうがいい人(同じ要領で業界最軽量
  • コスパ重視の人(型落ちより10,000円安い

Jackeryポータブル電源1000Pro(型落ち)がおすすめな人

  • 型落ちモデルでも気にしない人
  • 寿命は最低限でいい人(サイクル数1,000回)
  • スマホアプリで操作はしない人
  • UPS/パススルー機能はいらない人
あきら

Jackery 1000 Newは新型モデルで全体的な性能が上にも関わらず、価格は型落ちJackery 1000 Proより10,000円安いです。買うなら「Jackery 1000 New」一択です!

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

\ 型落ちモデルより安いのに高性能 /

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

Jackery 1000 Newが在庫切れ等でない限り、あえてJackery 1000 Proを買う理由はとくにありません。

Jackery Japan 楽天市場店
¥149,800 (2024/06/09 12:15時点 | 楽天市場調べ)
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

【関連記事】jackery1000とproとplusの違いを比較 ポータブル電源

【関連記事】ポータブル電源で後悔?100人アンケート結果を解説

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

Jackeryポータブル電源1000New
総合評価
( 5 )
メリット
  • 電池素材が リン酸鉄リチウムイオン電池
  • 定格出力が 1,500W
  • サイクル数が4000回
  • スマホアプリに対応している
  • バッテリー節約モードがある
  • UPS機能・パススルー機能がある
  • 充電口の位置が側面で充電しやすい
デメリット
  • USB-A出力数が1個しかない
  • 在庫切れになる可能性がある

コメント

コメントする

タップできる目次