\ 【本日限定】特選タイムセール実施中 /

jackery1000とproとplusの違いを比較 ポータブル電源

jackery1000とproとplusの違いを比較 ポータブル電源

jackery10001000pro1000plusとの違いを知りたい」
jackery10001000pro1000plusどれが自分に合っているのか知りたい」

あきら

これらのお悩みをスッキリ解決する記事です。

災害や停電時に役立つポータブル電源ですが、人気のメーカーjackeryの「jackery1000とproとplusの違い」がよく分からないという声をよく耳にします。

ポータブル電源は高額な買い物であり、よく調べずに買うと自分の用途に合っていなくて、金銭的にも気持ち的にも後悔してしまうかも。

本記事では家電量販店マネージャーの私が、jackery1000と1000proと1000plusの違いを徹底比較し、どれがどんな人におすすめかについて解説しています。

この記事を読めば、どれがあなたにぴったりのjackeryポータブル電源かが分かります。少しでもお得にjackeryポータブル電源を買いたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

jackery1000とjackery1000plusの違いは19個

スクロールできます
jackery1000
1000
jackery1000pro
1000pro
jackery1000plus
1000plus
バッテリーの種類三元系リチウムイオン三元系リチウムイオンリン酸鉄リチウムイオン
バッテリーの容量1002Wh1002Wh1264Wh
拡張性の有無なしなしあり
(最大5000Wh)
定格出力1000W1000W2000W
50ヘルツでの使用できないできるできる
60ヘルツでの使用できるできるできる
Jackeryアプリ非対応非対応対応
最速の充電時間
(家庭用AC100V)
7.5時間1.8時間1.7時間
ソーラーパネルを
使える枚数
2枚4枚4枚
サイクル数500回1000回4000回
バッテリー節約モードなしなしあり
EPS機能なしなしあり
使用可能な温度氷点下10℃~40℃氷点下10℃~40℃氷点下10℃~45℃
稼動中の音量53db以下45db以下30db以下
内蔵ライトなしありあり
本体サイズ
(横×奥行×高さ)
33.2×23.3×24.3cm34×26.2×25.5cm35.6×26×28.3cm
本体重量約10.6kg約11.5kg約14.5kg
保証期間3年5年5年
価格(税込)139,800円149,800円168,000円
【参考】
発売日
2020年6月10日2023年11月10日2022年9月1日
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

jackery1000がおすすめな人

  • ポータブル電源の使用頻度が少ない人(サイクル数500回
  • 同時にたくさんの家電製品を使わない人(定格出力1000W
  • Jackeryアプリ非対応でもいい人
  • 充電時間は遅くても気にしない人(約7.5時間
  • EPS機能はいらない人
  • 稼動中の音量は気にしない人(53db以下
  • 内臓ライトはいらない人
  • 少しでも軽いほうがいい人(約10.6kg
  • コスパ重視の人(一番高いplusより約30,000円安い

jackery1000proがおすすめな人

  • ポータブル電源の使用頻度が少ない人(サイクル数1000回
  • 同時にたくさんの家電製品を使わない人(定格出力1000W
  • Jackeryアプリ非対応でもいい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(約1.8時間
  • EPS機能はいらない人
  • 稼動中の音量は気にしない人(45db以下
  • 内臓ライトはほしい人
  • 少しでも軽いほうがいい人(約11.5kg
  • コスパ重視の人(一番高いplusより約20,000円安い

jackery1000plusがおすすめな人

  • ポータブル電源の使用頻度が多い人(サイクル数4000回
  • 同時にたくさんの家電製品を使いたい人(定格出力2000W
  • Jackeryアプリ対応がいい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(約1.7時間
  • EPS機能はほしい人
  • 内臓ライトはほしい人
  • 重さは気にしない人(約14.5kg
  • 稼動中の音量は小さいほうがいい人(30db以下
あきら

jackery1000plus」は重さ以外で他2機種より悪い部分はないので、長期間使うものと考えれば、「jackery1000plus」が一番おすすめです。

\ 3機種のなかで一番おすすめ /

Jackery Japan 楽天市場店
¥168,000 (2024/06/09 11:35時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
あきら

ちなみに同じくらいのバッテリー容量なら、「EcoFlow DELTA 2」もおすすめです。

【関連記事】エコフローデルタ2を最安値で手に入れるための完全ガイド

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

【関連記事】ポータブル電源で後悔?100人アンケート結果を解説

タップできる目次

jackery1000と1000proと1000plusの違いを比較 ポータブル電源

jackery1000とproとplusの違いを比較 ポータブル電源

jackery1000と1000proと1000plusの違いは以下の19個です。

3機種共通の特長は「jackery1000と1000proと1000plus 共通の特長」をご覧ください。

スクロールできます
jackery1000
1000
jackery1000pro
1000pro
jackery1000plus
1000plus
バッテリーの種類三元系リチウムイオン三元系リチウムイオンリン酸鉄リチウムイオン
バッテリーの容量1002Wh1002Wh1264Wh
拡張性の有無なしなしあり
(最大5000Wh)
定格出力1000W1000W2000W
50ヘルツでの使用できないできるできる
60ヘルツでの使用できるできるできる
Jackeryアプリ非対応非対応対応
最速の充電時間
(家庭用AC100V)
7.5時間1.8時間1.7時間
ソーラーパネルを
使える枚数
2枚4枚4枚
サイクル数500回1000回4000回
バッテリー節約モードなしなしあり
EPS機能なしなしあり
使用可能な温度氷点下10℃~40℃氷点下10℃~40℃氷点下10℃~45℃
稼動中の音量53db以下45db以下30db以下
内蔵ライトなしありあり
本体サイズ
(横×奥行×高さ)
33.2×23.3×24.3cm34×26.2×25.5cm35.6×26×28.3cm
本体重量約10.6kg約11.5kg約14.5kg
保証期間3年5年5年
価格(税込)139,800円149,800円168,000円
【参考】
発売日
2020年6月10日2023年11月10日2022年9月1日
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

以下の項目タップで飛べます

バッテリーの種類(1000plusのみ長寿命のリン酸鉄リチウムイオン)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
バッテリーの種類三元系リチウムイオン三元系リチウムイオンリン酸鉄リチウムイオン
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

バッテリーの種類について、jackery1000とproは三元系リチウムイオン電池、plusはリン酸鉄リチウムイオンです。

三元系リチウムイオン電池リン酸鉄リチウムイオン電池は、どちらもリチウムイオン電池ですがそれぞれ異なる特徴を持っています。

三元系リチウムイオン電池の特長

  1. 高エネルギー密度:三元系リチウムイオン電池はニッケル(Ni)、マンガン(Mn)、コバルト(Co)を使用しており、高いエネルギー密度を持ちます。これにより、同じ重量や体積でより多くのエネルギーを蓄えられます。
  2. 高出力:高い放電能力があり、急速充電や高出力が必要な用途に適しています。
  3. 幅広い用途:電動車(EV)、携帯機器、ノートパソコンなど、エネルギー密度が重視される多くの分野で使用されています。
  4. コスト:使用される材料(とくにコバルト)が高価であるため、他の種類のリチウムイオン電池よりもコストが高くなることがあります。
  5. 寿命と安全性:エネルギー密度が高い一方で、過充電や過放電に対して敏感であり、安全性確保のための管理が必要です。また、温度依存性が高いです。

リン酸鉄リチウムイオンの特長

  1. 高い安全性:LFP電池は熱安定性が高く、過充電や過放電に対する耐性が強いです。また、発火や爆発のリスクが低いため、安全性が重視される用途に適しています。
  2. 長寿命:サイクル寿命が長く、数千回の充放電サイクルに耐えられます。これにより、長期間にわたる使用が可能です。
  3. コスト:使用材料が比較的安価で、特にコバルトを含まないため、製造コストが低く抑えられます。
  4. エネルギー密度:エネルギー密度はNMC電池よりも低いため、同じ容量を確保するには大きな体積が必要です。そのため、スペースが限られる用途では不利になることがあります。
  5. 環境負荷:化学的に安定しており、環境への負荷が少ない材料を使用しているため、エコフレンドリーな選択肢となります。

特長まとめ

  • エネルギー密度:三元系リチウムイオン電池(高い) > リン酸鉄リチウムイオン(低い)
  • 安全性:リン酸鉄リチウムイオン(高い) > 三元系リチウムイオン電池(普通)
  • 寿命:リン酸鉄リチウムイオン (長い)> 三元系リチウムイオン電池(短い)
  • コスト:三元系リチウムイオン電池(高い)>リン酸鉄リチウムイオン(安い)
あきら

長寿命・安全性の観点からポータブル電源には1000plusのリン酸鉄リチウムイオンが良いと言われています。

バッテリーの容量と拡張性(1000plusが一番大きくて1024Wh)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
バッテリーの容量1002Wh1002Wh1264Wh
拡張性の有無なしなしあり
(最大5000Wh)
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

バッテリーの容量については、jackery1000とproは1024Wh、plusは1264Whです。

plusは約1.2倍の容量ですが、大差はありません。

拡張性については、pusのみ「Battery Pack 1000 Plus」で最大5,000Whまで拡張できるので、ポータブル電源を買い直す必要がありません。

Jackery ポータブル電源 1000 Plus 拡張バッテリー

\ 拡張用バッテリーはこちら /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

定格出力(1000plusのみ2000W)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
定格出力1000W1000W2000W
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

定格出力については、jackery1000とproは1000W、plusは2000Wです。

定格出力とはポータブル電源が安定して供給できる電力の最大値のことです。単位はW(ワット)で表されます。

例えば、定格出力1000Wのjackery1000とproであれば、1000W以下の電化製品であれば長時間安定して使用できます。

しかし1000Wを超える電化製品を接続するとポータブル電源が過負荷状態となり、故障したり安全装置が作動して電源がオフになります。

plusの定格出力は2000Wなので、電化製品を同時にたくさん使いたい人におすすめです。

50ヘルツでの使用(1000のみ使用できない)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
50ヘルツでの使用できないできるできる
60ヘルツでの使用できるできるできる
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

日本では家庭用電源の周波数は50Hzと60Hzの地域があり、一般に静岡県の富士川を境に東日本は50Hz西日本は60Hzとなっています。

jackery1000は60Hzにしか対応しておらず、東日本(50Hz)で使う場合、使える家電は「50Hz・60Hz」に対応している必要がある点に注意が必要です。

あきら

使いやすさを重視する人にはproとplusがおすすめです。

USB出力(USBポート合計4つは共通だが、種類が少し違う)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
USB出力USB-A出力:1ポート
USB-C出力:2ポート
Quick Charge 3.0:1ポート
USB-A(Quick Charge 3.0)出力:2ポート
USB-C出力(PD100W):2ポート
USB-A:2ポート
USB-C:2ポート
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

USB出力については、3機種ともUSBポートご合計4つあることは共通です。

ただし、jackery1000とproには急速充電ができる「Quick Charge 3.0」があり、スマホなどの充電をどうしても急ぐ人にはjackery1000とproをおすすめします。

Jackeryアプリ(plusのみ対応)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
Jackeryアプリ非対応非対応対応
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

Jackeryアプリはplusでのみ使えます

Jackeryアプリ(plusのみ対応)

アプリでできること

  • リアルタイムモニタリング:ポータブル電源の現在の電力状況(充電レベル、出力、入力電力など)をリアルタイムで確認できます。
  • リモートコントロール:アプリを通じてポータブル電源の電源のオン/オフ、出力ポートの管理などをリモートで操作できます。
  • 通知機能:充電完了時やバッテリー残量が低下した際に通知を受け取れます。
  • ファームウェアアップデート:最新の機能や改善点を利用するために、ポータブル電源のファームウェアをアップデートできます。
  • 使用履歴の確認:過去の使用データや充電・放電の履歴を確認できます。

これらの機能によりジャクリのポータブル電源をより効率的かつ便利に利用できます。

最速の充電時間(1000proと1000plusは2時間以下)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
最速の充電時間
(家庭用AC100V)
7.5時間1.8時間1.7時間
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

最速の充電時間については、Jackery1000は約7.5時間、proとplusや約2時間弱です。

充電時間には大きな差があり、いざ使いたいときにproとplusならわずか2時間弱で充電できるので、利便性が高いです。

あきら

スマホ充電でもそうですが、充電速度は速いほうが間違いなく使い勝手がいいので、proとplusをおすすめします。

ソーラーパネルを使える枚数(1000は2枚数、proとplusは4枚)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
ソーラーパネルを
使える枚数
2枚4枚4枚
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

jackeryのポータブル電源はソーラーパネルを使って充電もできます。

充電環境が整っていない場所で充電したいときにソーラーパネルは便利で、1000は2枚、proとplusは4枚使えます。

使い方はかんたんで付属のケーブルを指してソーラーパネルを広げるだけ。ただし、jackery1000には充電ケーブルが付属していないので、別途購入の必要があります。

ソーラーパネル
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

サイクル数(1000plusが4000回で長寿命)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
サイクル数500回1000回4000回
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

サイクル数については、jackery1000が500回、proは1000回、plusは4000回でダントツに多いです。

サイクル数とは充電と放電を繰り返す回数のこと。1回の充電で0%から100%まで充電し、それを使い切って0%に戻すことを1サイクルと数えます。

サイクル数はポータブル電源の寿命を知る指標となり、一般的にリチウムイオン電池を使ったポータブル電源の寿命はサイクル数で約500回~4,000回と言われています。

つまり、1日1回フル充電してフルに使う場合、約3年~11年程度使えることになります。

あきら

ただし、これはあくまで目安であり、実際の寿命は使用状況によって大きく左右されます。少しでも長持ちさせたい人にはplusがおすすめです。

\ 3機種のなかで一番おすすめ /

Jackery Japan 楽天市場店
¥168,000 (2024/06/09 11:35時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

バッテリー節約モード(1000plusのみ有り)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
バッテリー節約モードなしなしあり
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

バッテリー節約モードについては、jackery1000plusのみ搭載されています。

バッテリー節約モードとは充電の容量を85%までに抑えて、バッテリーが傷みにくくするための機能です。

スマホでも20~80%の充電状態で使うとバッテリーは長持ちします。100%フル充電はバッテリーに良くないと聞いたことはありませんか?

あきら

少しでも長持ちさせたい人にはplusがおすすめです。

EPS機能(1000plusのみ有り)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
EPS機能なしなしあり
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

EPS機能については、jackery1000plusにのみ搭載されています。

EPS機能とは、Emergency Power Supply(緊急電源)の略称で、停電時に自動的にポータブル電源に切り替えて、無停電状態を維持する機能です。

EPS機能の主な特徴

  • 停電を検知:ポータブル電源は常に接続されているACコンセントの電圧を監視しています。停電が発生すると、その電圧低下を検知し、EPS機能が起動します。
  • 自動切替:停電を検知するとjackery1000plusの場合、0.02秒以下という高速でACコンセントからの電力供給を自動的にポータブル電源からの電力供給に切り替えます。

EPSは途中で急に電気が切れて困るパソコンやネットワーク機器に接続している場合には必須の機能です。

使用可能な温度(3機種ともほぼ同じ)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
使用可能な温度氷点下10℃~40℃氷点下10℃~40℃氷点下10℃~45℃
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

使用可能な温度については3機種ともほぼ同じです。

ポータブル電源は真冬でも真夏の暑い時期でも使えるので、キャンプをする人には必須のアイテムとなっています。

あきら

ちなみにポータブル電源への充電時は0℃以上が条件となっています。

稼動中の音量(1000plusが一番低くて30db以下)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
稼動中の音量53db以下45db以下30db以下
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

稼動中の音量については、jackery1000plusが30db以下で一番小さいです。

稼働音が一番大きいjackery1000でも53db(人の会話程度)なので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

音量の目安
音量の目安

ただし、寝るときなどに使う人にはplusがおすすめです。

内蔵ライト(1000のみ無し)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
内蔵ライトなしありあり
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

内蔵ライトについては、jackery1000proとplusにのみ搭載されています。

ライトはスマホでも代用できますが、災害時やキャンプではバッテリーを節約したい人も多いはず。

あきら

本体にライトがついていると安心ですね。

本体サイズ・重量(サイズはほぼ同じ、1000が一番軽くて10.6kg)

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
本体サイズ
(横×奥行×高さ)
33.2×23.3×24.3cm34×26.2×25.5cm35.6×26×28.3cm
本体重量約10.6kg約11.5kg約14.5kg
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

本体サイズについては、3機種ともほぼ同じです。

本体重量については、一番軽いjackery1000が約10.6kg、一番重いplusは約14.5kgです。

あきら

ポータブル電源の持ち運びが多くなりそうな人にはjackery1000がおすすめです。

保証期間(1000のみ3年、proとplusは5年)

スクロールできます
jackery1000
保証期間
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
保証期間3年5年5年
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

保証期間については、jackery1000が3年、proとplusが5年です。(ただし、取扱説明書に従わない使い方をした場合は保証の対象外)

通常の使い方をしていても、電化製品なので故障することはあります。

故障したときの買い替え費用などを考えると、proとplusにしておけば保証が長いので安心です。

3機種の価格差は最大約30,000円

スクロールできます
jackery1000
jackery1000
jackery1000pro
jackery1000pro
jackery1000plus
jackery1000plus
価格(税込)139,800円149,800円168,000円
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

価格については、一番安いjackery1000が139,800円、一番高いplusが168,000円で、価格差は最大約30,000円です。

あきら

jackery1000plus」は重さ以外で他2機種より悪い部分はないので、長期間使うものと考えれば、「jackery1000plus」が一番おすすめです。

価格差30,000円は安いと言えます。

\ 3機種のなかで一番おすすめ /

Jackery Japan 楽天市場店
¥168,000 (2024/06/09 11:35時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

【関連記事】ポータブル電源で後悔?100人アンケート結果を解説

jackery1000と1000proと1000plus 共通の特長 ポータブル電源

jackery1000と1000proと1000plus 共通の特長 ポータブル電源

jackery1000と1000proと1000plusで、共通する特長は以下の2つです。

3機種のの違いは「jackery1000と1000proと1000plusの違いを比較」をご覧ください。

以下の項目タップで飛べます

販売台数400万台の実績がある世界リーディングブランド

jackeryは2012年に設立された中国のポータブル電源メーカーです。

創業以来、高品質で革新的なポータブル電源を開発・販売し、世界中で400万台以上販売されるまでに成長しました。

「世界リーディングブランド」とは、jackeryが業界でリーダー的存在であることを意味します。以下の点からもその地位が伺えます:

  • 広範な市場シェア:ジャクリは、世界中で広く利用されており、多くの市場でシェアを獲得しています。
  • 技術力と革新性:ジャクリは、常に新しい技術を取り入れ、製品の改良や新製品の開発に努めています。
  • 顧客満足度:多くのユーザーから高評価を受けており、製品の性能やサポート体制も高く評価されています。

業界トップクラスの安全性を実現

ジャクリポータブル電源には、バッテリーを保護する以下のような保護機能があります。

  • 過充電保護:バッテリーが過充電されないように制御します。
  • 過放電保護:バッテリーが過放電にならないように制御します。
  • 過熱保護:バッテリーや機器が過熱しないように温度を監視し、必要に応じて冷却します。
  • 短絡保護:ショート回路が発生した場合に自動的に電源を切ることで安全を確保します。
あきら

jackeryのポータブル電源は、複数の第三者機関による安全認証を取得しています。これにより製品の安全性が客観的に証明されています。

jackery1000と1000proと1000plusがおすすめな人

jackery1000と1000proと1000plusがおすすめな人

jackery1000と1000proと1000plus、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

あきら

jackery1000plus」は重さ以外で他2機種より悪い部分はないので、長期間使うものと考えれば、「jackery1000plus」が一番おすすめです。

\ 3機種のなかで一番おすすめ /

Jackery Japan 楽天市場店
¥168,000 (2024/06/09 11:35時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

以下の項目タップで飛べます

jackery1000がおすすめな人

jackery1000がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

jackery1000がおすすめな人
  • ポータブル電源の使用頻度が少ない人(サイクル数500回
  • 同時にたくさんの家電製品を使わない人(定格出力1000W
  • Jackeryアプリ非対応でもいい人
  • 充電時間は遅くても気にしない人(約7.5時間
  • EPS機能はいらない人
  • 稼動中の音量は気にしない人(53db以下
  • 内臓ライトはいらない人
  • 少しでも軽いほうがいい人(約10.6kg
  • コスパ重視の人(一番高いplusより約30,000円安い
Jackery Japan 楽天市場店
¥139,800 (2024/06/09 12:17時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

jackery1000proがおすすめな人

jackery1000proがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

jackery1000proがおすすめな人
  • ポータブル電源の使用頻度が少ない人(サイクル数1000回
  • 同時にたくさんの家電製品を使わない人(定格出力1000W
  • Jackeryアプリ非対応でもいい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(約1.8時間
  • EPS機能はいらない人
  • 稼動中の音量は気にしない人(45db以下
  • 内臓ライトはほしい人
  • 少しでも軽いほうがいい人(約11.5kg
  • コスパ重視の人(一番高いplusより約20,000円安い
Jackery Japan 楽天市場店
¥149,800 (2024/06/09 12:15時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

jackery1000plusがおすすめな人

jackery1000plusがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

jackery1000plusがおすすめな人
  • ポータブル電源の使用頻度が多い人(サイクル数4000回
  • 同時にたくさんの家電製品を使いたい人(定格出力2000W
  • Jackeryアプリ対応がいい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(約1.7時間
  • EPS機能はほしい人
  • 内臓ライトはほしい人
  • 重さは気にしない人(約14.5kg
  • 稼動中の音量は小さいほうがいい人(30db以下

\ 3機種のなかで一番おすすめ /

Jackery Japan 楽天市場店
¥168,000 (2024/06/09 11:35時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
あきら

ちなみに同じくらいのバッテリー容量なら、「EcoFlow DELTA 2」もおすすめです。

【関連記事】エコフローデルタ2を最安値で手に入れるための完全ガイド

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

【体験談】jackery1000plusを買って半年以上使ってみた私の本音レビュー

【体験談】jackery1000plusを買って半年以上使ってみた私の本音レビュー

Jackery 1000 Plusを購入して、約半年が経ちました。キャンプや車中泊、そして先日発生した停電時にも活躍してくれた頼れる相棒をご紹介します。

まず1264Whの大容量は私の期待を大きく上回りました。スマートフォンやノートパソコンはもちろん、電気ケトルや小型冷蔵庫、扇風機など、様々な家電を余裕で動かせます。キャンプでは夜も照明やホットプレートを快適に使え、車中泊ではまるで自宅にいるような時間を過ごせました。

2000Wの高出力も魅力の一つです。ドライヤーや電子レンジなど、消費電力が高い家電も問題なく使用できます。災害時には、冷蔵庫や炊飯器も動かせたので、安心感が格段に向上しました。

約1.7時間でフル充電できるのも嬉しいポイント。夜間に充電しておけば、翌日のキャンプや車中泊にも安心して出かけられます。

さらにリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しているので、従来のリチウムイオン電池に比べて安全性が高く長寿命なのも安心です。

専用アプリで遠隔操作やバッテリー残量の確認ができるのも便利です。外出先でもいつでも1000 Plusの状態を把握できます。

重量は14.5kgとやや重めですが、持ち運び用のハンドルがしっかりしているので、女性でも移動は楽々です。

Jackery 1000 Plusは、大容量、高出力、安全性、利便性、あらゆる面で満足できるポータブル電源です。アウトドアや災害備蓄はもちろん、普段使いにも最適です。迷っている方はぜひ購入を検討してみてください。

\ 3機種のなかで一番おすすめ /

Jackery Japan 楽天市場店
¥168,000 (2024/06/09 11:35時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

jackeryにポータブル電源についてよくある質問まとめ

jackeryにポータブル電源についてよくある質問まとめ

jackeryにポータブル電源について、よくある質問と回答をまとめました。

jackeryポータブル電源1000と1000proと1000plusを買う場合、どこが最安値ですか?

公式サイトもしくは、ネットショップ(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショップ)で買うのが最安値です。

ただし、買うタイミングによってどこが一番安くなるかは分からないので、価格比較をするのが大切です。

\ 3機種のなかで一番おすすめ /

Jackery Japan 楽天市場店
¥168,000 (2024/06/09 11:35時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

ポータブル電源の充電方法は?

Jackeryのポータブル電源は、主に3つの方法で充電できます。

  • 家庭用コンセントからの充電
  • ソーラーパネル(JackeryのSolarSagaなど)を使用したソーラー充電
  • 車のシガーソケットからの充電

どのようなデバイスが充電できますか?

Jackeryのポータブル電源は、多くの電子デバイスを充電できます。具体的には、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、カメラ、ドローン、小型の家電(ミニ冷蔵庫や電動工具など)、LEDライトなどが含まれます。対応するデバイスはモデルによって異なるので、詳細は製品仕様を確認してください。

jackery1000と1000proと1000plusの違いを比較 ポータブル電源まとめ

jackery1000と1000proと1000plusの違いを比較 ポータブル電源まとめ

jackery1000と1000proと1000plusの違いを比較しました。

3機種の違いは19個で、他の機能や性能は同じです。

この記事の結論

jackery1000とjackery1000plusの違いは19個

スクロールできます
jackery1000
jackery
1000
jackery1000pro
1000pro
jackery1000plus
1000plus
バッテリーの種類三元系リチウムイオン三元系リチウムイオンリン酸鉄リチウムイオン
バッテリーの容量1002Wh1002Wh1264Wh
拡張性の有無なしなしあり
(最大5000Wh)
定格出力1000W1000W2000W
50ヘルツでの使用できないできるできる
60ヘルツでの使用できるできるできる
Jackeryアプリ非対応非対応対応
最速の充電時間
(家庭用AC100V)
7.5時間1.8時間1.7時間
ソーラーパネルを
使える枚数
2枚4枚4枚
サイクル数500回1000回4000回
バッテリー節約モードなしなしあり
EPS機能なしなしあり
使用可能な温度氷点下10℃~40℃氷点下10℃~40℃氷点下10℃~45℃
稼動中の音量53db以下45db以下30db以下
内蔵ライトなしありあり
本体サイズ
(横×奥行×高さ)
33.2×23.3×24.3cm34×26.2×25.5cm35.6×26×28.3cm
本体重量約10.6kg約11.5kg約14.5kg
保証期間3年5年5年
価格(税込)139,800円149,800円168,000円
【参考】
発売日
2020年6月10日2023年11月10日2022年9月1日
jackery1000と1000proと1000plusの比較表

jackery1000がおすすめな人

  • ポータブル電源の使用頻度が少ない人(サイクル数500回
  • 同時にたくさんの家電製品を使わない人(定格出力1000W
  • Jackeryアプリ非対応でもいい人
  • 充電時間は遅くても気にしない人(約7.5時間
  • EPS機能はいらない人
  • 稼動中の音量は気にしない人(53db以下
  • 内臓ライトはいらない人
  • 少しでも軽いほうがいい人(約10.6kg
  • コスパ重視の人(一番高いplusより約30,000円安い

jackery1000proがおすすめな人

  • ポータブル電源の使用頻度が少ない人(サイクル数1000回
  • 同時にたくさんの家電製品を使わない人(定格出力1000W
  • Jackeryアプリ非対応でもいい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(約1.8時間
  • EPS機能はいらない人
  • 稼動中の音量は気にしない人(45db以下
  • 内臓ライトはほしい人
  • 少しでも軽いほうがいい人(約11.5kg
  • コスパ重視の人(一番高いplusより約20,000円安い

jackery1000plusがおすすめな人

  • ポータブル電源の使用頻度が多い人(サイクル数4000回
  • 同時にたくさんの家電製品を使いたい人(定格出力2000W
  • Jackeryアプリ対応がいい人
  • 充電時間は早いほうがいい人(約1.7時間
  • EPS機能はほしい人
  • 内臓ライトはほしい人
  • 重さは気にしない人(約14.5kg
  • 稼動中の音量は小さいほうがいい人(30db以下
あきら

jackery1000plus」は重さ以外で他2機種より悪い部分はないので、長期間使うものと考えれば、「jackery1000plus」が一番おすすめです。

\ 3機種のなかで一番おすすめ /

Jackery Japan 楽天市場店
¥168,000 (2024/06/09 11:35時点 | 楽天市場調べ)
\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

【関連記事】ポータブル電源を安く買う方法は?家電量販店の店員が解説

【関連記事】ポータブル電源で後悔?100人アンケート結果を解説

コメント

コメントする

タップできる目次