\ 【本日限定】特選タイムセール実施中 /

SC-C271とSC-C251の違いを比較 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPRO

SC-C271とSC-C251の違いを比較 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPRO

「シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROSC-C271SC-C251違いを知りたい」
SC-C271SC-C251どっちが自分に合っているのか知りたい」

あきら

この記事はこんなお悩みをスッキリ解決する記事です。

2024年5月18日にシロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROの新型モデル「SC-C271」が新発売

新型モデル発売にともない、SC-C251は型落ちとなりました。

本記事では家電量販店マネージャーの私が、SC-C271とSC-C251の違いを徹底比較し、どちらがどんな人におすすめかについて解説しています。

この記事を読めば、どっちがあなたにぴったりのコーヒーメーカーかが分かります。贅沢なコーヒータイムで毎日を充実させたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

SC-C271とSC-C251の違いは7つ

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
本体カラーダークブラウンブラック
ライトグレー
サーバー・保温機能真空二重構造ステンレスサーバー
による保温
ガラスサーバーによる加熱保温(30分)
急冷式アイスコーヒー作れる作れない
カップ杯数
コーヒーカップ(120ml)
マグ・じかマグ(180ml)
アイスコーヒー(60ml)
コーヒーカップ:2~4杯
マグ:2杯
アイスコーヒー:3~4杯
じかマグ:1杯
コーヒーカップ:2~6杯
マグ:2~4杯
アイスコーヒー:3~6杯
じかマグ:1杯
消費電力700W750W
本体重量4.5kg
(サーバー含む)
4.1kg
(サーバー含む)
価格(税込)32,780円約29,700円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月18日
(予約販売は開始済み)
2022年10月15日
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

SC-C271(新型モデル)がおすすめな人

  • 保温時間はできる限り長いほうがいい人(ステンレスサーバーで保温力アップ
  • 急冷式アイスコーヒーを飲みたい人
  • 1回で抽出できる杯数は4杯で十分な人
  • 電気代が安いほうがいい人

SC-C251(型落ち)がおすすめな人

  • 保温時間は30分で十分な人
  • 急冷式アイスコーヒーにこだわらない人
  • 1回で抽出できる杯数はできるだけ多いほうがいい人(6杯まで
  • コスパ重視の人(新型より約3,000円安い)

\ ステンレスサーバーになって保温性アップ /

\ 一度に入れる量が多い人向け /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場
タップできる目次

SC-C271とSC-C251の違いを比較 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPRO

SC-C271とSC-C251の違いを比較 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPRO

SC-C271(新型モデル)SC-C251(型落ち)の違いは以下のつです。

新旧モデル共通の特長は「SC-C271とSC-C251 共通の特長」をご覧ください。

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
本体カラーダークブラウンブラック
ライトグレー
サーバー・保温機能真空二重構造ステンレスサーバー
による保温
ガラスサーバーによる加熱保温(30分)
急冷式アイスコーヒー作れる作れない
カップ杯数
コーヒーカップ(120ml)
マグ・じかマグ(180ml)
アイスコーヒー(60ml)
コーヒーカップ:2~4杯
マグ:2杯
アイスコーヒー:3~4杯
じかマグ:1杯
コーヒーカップ:2~6杯
マグ:2~4杯
アイスコーヒー:3~6杯
じかマグ:1杯
消費電力700W750W
本体重量4.5kg
(サーバー含む)
4.1kg
(サーバー含む)
価格(税込)32,780円約29,700円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月18日
(予約販売は開始済み)
2022年10月15日
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

項目タップで飛べます

本体カラーはブラックからダークブラウンへ変更

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
本体カラーダークブラウンブラック
ライトグレー
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

本体カラーはブラック/ライトグレーの2色から、ダークブラウンの1色に変更されました。

あきら

カラーは好みが分かれますが、我が家ではダークブランの方がインテリアに合いそうです。

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)

SC-C271(新型モデル)は真空二重構造ステンレスサーバーになって保温性がアップ

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
サーバー・保温機能真空二重構造ステンレスサーバー
による保温
ガラスサーバーによる加熱保温(30分)
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の違いで一番大きな変化は、サーバー種類の変更です。

SC-C271(新型モデル)で採用されたステンレスサーバーは真空二重構造となっており、真空層を設けることで熱伝導を抑え、淹れたてのコーヒーの温度を長時間キープできます。

SC-C271(新型モデル)のステンレスサーバー
SC-C271(新型モデル)のステンレスサーバー
SC-C251(型落ち)のガラスサーバー
SC-C251(型落ち)のガラスサーバー

従来のモデルよりも保温時間が約30分以上長くなり、ヒーターを使わずに保温するため煮詰まらず、約2時間後でも70℃以上の保温性能を実現

あきら

より長い時間おいしくコーヒーを楽しみたい人には、SC-C271(新型モデル)がおすすめです。

ステンレスサーバーはガラスサーバーと違って、うっかり落としてしまっても割れないというのも大きなメリットと言えます。

SC-C271(新型モデル)は急冷式アイスコーヒーが作れる

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
急冷式アイスコーヒー作れる作れない
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

アイスコーヒーを淹れるとき、ステンレスサーバーならサーバーに氷を入れた状態でそのまま抽出可能です。

あきら

お湯で抽出した熱いコーヒーを氷で急冷することで、豆の香りを逃がさずに閉じ込めるとともに、クリアな味わいのアイスコーヒーを楽しめます。

急冷式アイスコーヒーが楽しめる
引用:シロカ公式サイト

ステンレスサーバーの間口は7.5cmと広いので、氷が入れやすいのも特長です。

抽出できる杯数はSC-C251(型落ち)の方が多い

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
カップ杯数
コーヒーカップ(120ml)
マグ・じかマグ(180ml)
アイスコーヒー(60ml)
コーヒーカップ:2~4杯
マグ:2杯
アイスコーヒー:3~4杯
じかマグ:1杯
コーヒーカップ:2~6杯
マグ:2~4杯
アイスコーヒー:3~6杯
じかマグ:1杯
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

抽出できる杯数は(型落ち)の方が多いです。

  • SC-C271(新型モデル):最大4杯
  • SC-C251(型落ち):最大6杯
あきら

家族でコーヒーを飲む人が多かったり、来客などでコーヒーを出す機会が多い人はSC-C251(型落ち)の方がおすすめです。

我が家ではSC-C251(型落ち)を使ってますが、6杯同時に入れるケースは一度もないので、そこまで気にしなくてもいいかも?

SC-C271(新型モデル)は消費電力が低い

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
消費電力700W750W
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

SC-C271(新型モデル)は消費電力が少し下がって700Wとなっており、省エネ性能が上がっています。

あきら

毎日たくさんコーヒーを飲む人にとっては、電気代が低いのは嬉しいですね。

本体重量はSC-C271(新型モデル)の方が約400g重たい

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
本体重量4.5kg
(サーバー含む)
4.1kg
(サーバー含む)
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

本体重量はSC-C271(新型モデル)の方が約400g重たいです。

ただし、コーヒーメーカーは一度設置してしまえば頻繁に動かすものではないと思うので、重さの違いは気になりません。

あきら

サーバーがガラスからステンレスになったことで重くなった感じかな?

価格の差は約3,000円

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
価格(税込)32,780円約29,700円
(現在の入手価格)
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の価格の差は約3,000円

サーバーがステンレスサーバーになったことで保温性が増したことを考えると、価格差3,000円はとてもお得に私は感じます。

\ ステンレスサーバーになって保温性アップ /

\ 一度に入れる量が多い人向け /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

SC-C271とSC-C251 共通の特長 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPRO

SC-C271とSC-C251 共通の特長 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPRO

SC-C271とSC-C251で、共通する特長は以下の9つです。

新旧モデルの違いは「SC-C271とSC-C251の違いを比較」をご覧ください。

こだわりの抽出方法でおいしいコーヒーが手軽に楽しめる

こだわりの抽出方法でおいしいコーヒーが手軽に楽しめる

シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROは、誰でもおいしいコーヒーが手軽に楽しめることで知られています。

こだわりの抽出方法

  • 2種類の抽出温度:豆や好みに合わせて選べる、高温帯(約94℃)低温帯(約84℃)の2種類の抽出温度で、より深い味わいや繊細な味わいを楽しめます。
  • 無段階挽き目調整:粗挽きから細挽きまで11段階で挽き目を選べるので、豆の鮮度や好みに合わせた挽き具合で淹られます。
  • 蒸らし機能:豆本来のおいしさをしっかり引き出すようプログラムされた蒸らし機能で、雑味を抑えたクリアな味わいに仕上がります。

デカフェモードでカフェインが苦手な人でもコーヒーを楽しめる

デカフェモードで妊娠中の人でもコーヒーを楽しめる

デカフェモードは、デカフェ専用の豆や粉を使ってカフェインを抑えたコーヒーを淹れるためのモードです。

通常の抽出モードと比べて、お湯の温度を低めに設定し、ゆっくりと時間をかけて抽出することでカフェインを抽出しにくくします。

デカフェモードの注意点

  • デカフェ専用の豆や粉を使用する必要がある。
  • カフェインの除去は完全にできない

水や軽量は一切不要で手間が少なく済む

水や軽量は一切不要で手間が少なく済む

シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROは、水や軽量が一切不要で手間が少なく済むという特長があります。

  • 水タンク内蔵:本体に水タンクが内蔵されているので、毎回水を計量する必要がありません。タンク容量は1リットルで、最大4杯分のコーヒーを淹れられます。
  • 自動計量:コーヒー豆と水を自動で計量してくれるので、計量カップを用意する必要もありません。豆の量はお好みで1〜6杯分まで設定できます。(SC-C271は4杯分まで)

タイマー機能で飲みたい時間に挽きたてコーヒーが楽しめる

タイマー機能で飲みたい時間に挽きたてコーヒーが楽しめる

前日の夜にセットしておけば、翌朝お好みの時間に挽きたてのコーヒーを楽しめます。

忙しい朝も香り高いコーヒーでリフレッシュできますね。

タイマー機能

  • 予約時間:24時間後までの好きな時間に設定可能
  • 設定方法
    • コントロールパネルで時間と分を設定
    • 予約ボタンを押す
  • 予約内容
    • 抽出時間
    • 豆量 (1~10杯分)
    • 挽き目 (粗挽き~細挽き)
    • ペーパーフィルターの有無 (選択式)

豆だけではなく粉でもコーヒーを楽しめる

豆だけではなく粉でもコーヒーを楽しめる

シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROは、だけでなくでもコーヒーを楽しめます。

でコーヒーを楽しむときの注意点

  • 挽き目が粗すぎない粉を使用するが粗すぎると、お湯が十分に抽出されず、薄味になってしまう可能性があります。
  • 鮮度の高い粉を使用するは鮮度が落ちやすいので、できるだけ早めに使用するようにしましょう。
  • 使用量を調整するの量が多すぎると、苦みや雑味が出てしまう可能性があります。

のどちらを使うかは、お好みに合わせて選択してください。から挽きたてのコーヒーを楽しみたい方にはがおすすめです。一方、手軽にコーヒーを楽しみたい方挽き具合を気にしたくない方にはがおすすめです。

1杯だけ楽しみたいときにマグカップに直接抽出できる

1杯だけ楽しみたいときにマグカップに直接抽出できる

一度にたくさん飲まない人や一人暮らしの人など、一杯だけ飲みたい人のために役立つ「じかマグ」機能があります。

あきら

ペーパーフィルターやサーバーを使用しないため、洗い物が少なくなるのは嬉しいですね。

豆を挽くだけの「ミルのみモード」も搭載している

豆を挽くだけの「ミルのみモード」も搭載している

「ミルのみモード」を使えば、コーヒー豆を挽くだけの操作ができます。(挽き具合を5段階から選べる)

挽いた豆は他のコーヒーメーカーやハンドドリップで使用可能

水かえサインで常に新鮮な水でコーヒーを作れる

水かえサインで常に新鮮な水でコーヒーを作れる

シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROの水かえサインは、72時間(約3日間)ごとに点滅し、給水タンク内の水が古いことを知らせてくれる機能です。

あきら

古い水でコーヒーを淹れると、以下のような問題が発生する可能性あり。

  • 味や香りの劣化:水が古くなると、雑味やカビ臭さなどの異臭が発生し、コーヒーの味や香りが劣化します。
  • 衛生面の問題:水が古くなると、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が繁殖した水を飲むと、食中毒などの原因となる可能性があります。

バスケット&サーバー検出機能で事故を防げる

バスケット&サーバー検出機能で事故を防げる

バスケット・サーバー検知機能とは、バスケットが開いていたり、サーバーが設置されていない状態では動作しない安全設計です。

万が一、抽出中にバスケットやサーバーが外れてしまうことを防ぎ、事故を未然に防ぎます。

SC-C271とSC-C251 共通のスペック

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
最大使用水量0.83L
抽出方式ドリップ方式
コース選択高温/低温/デカフェ
対応フィルターペーパーフィルター(別売)
ステンレスフィルター(別売)
チタンコーティングフィルター(別売)
セット内容本体、お手入れブラシ、取扱説明書(保証書)
外形寸法幅16.6×奥行27.3×高さ42.1cm
(サーバー含まず)
電源方式交流式
電源コードの長さ1.2m
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の共通スペック表

\ ステンレスサーバーになって保温性アップ /

\ 一度に入れる量が多い人向け /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

SC-C271とSC-C251 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROがおすすめな人

SC-C271とSC-C251 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROがおすすめな人

SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

SC-C271(新型モデル)がおすすめな人

SC-C271(新型モデル)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

SC-C271(新型モデル)がおすすめな人
  • 保温時間はできる限り長いほうがいい人(ステンレスサーバーで保温力アップ
  • 急冷式アイスコーヒーを飲みたい人
  • 1回で抽出できる杯数は4杯で十分な人
  • 電気代が安いほうがいい人
あきら

保温時間を重視する人に、とくにSC-C271(新型モデル)はおすすめです。

\ ステンレスサーバーになって保温性アップ /

SC-C251(型落ち)がおすすめな人

SC-C251(型落ち)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

SC-C251(型落ち)がおすすめな人
  • 保温時間は30分で十分な人
  • 急冷式アイスコーヒーにこだわらない人
  • 1回で抽出できる杯数はできるだけ多いほうがいい人(6杯まで
  • コスパ重視の人(新型より約3,000円安い)

一度に大量にコーヒーを作ることが多い人に、とくにSC-C251(型落ち)はおすすめです。

\ 一度に入れる量が多い人向け /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROについてよくある質問まとめ

 東芝石窯ドームについてよくある質問まとめ

シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROについて、よくある質問と回答をまとめました。

カフェばこPROと従来のカフェばこの違いは何ですか?

主な違いは以下の3点です。

  • 挽き目調整機能: カフェばこPROは、10段階の挽き目調整機能が搭載されており、豆の種類や好みに合わせてコーヒーの味を調整できます。従来のカフェばこは、挽き目調整機能が搭載されていませんでした。
  • 抽出温度選択機能: カフェばこPROは、浅煎り豆におすすめの高温帯(約94℃)と深煎り豆におすすめの低温帯(約84℃)の2種類の抽出温度を選択できます。従来のカフェばこは、抽出温度が固定されていました。
  • デカフェモード: カフェばこPROは、デカフェ豆専用のゆっくりと低温で抽出するデカフェモードが搭載されています。従来のカフェばこにはデカフェモードはありませんでした。

カフェばこPROの掃除はどのようにすればよいですか?

水タンク、サーバー、フィルターバスケットなどは、使用後に毎回洗浄する必要があります。本体は、柔らかい布で拭き掃除をしてください。

カフェばこPROの保証期間はどのくらいですか?

1年間です。

SC-C271とSC-C251の違いを比較 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROまとめ

SC-C271とSC-C251の違いを比較 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROまとめ

SC-C271とSC-C251 シロカ全自動コーヒーメーカーカフェばこPROの違いを比較しました。

両者の違いは7つで、他の機能や性能は同じです。

この記事の結論

SC-C271とSC-C251の違いは7つ

SC-C271(新型モデル)
SC-C271(新型モデル)
SC-C251(型落ち)
SC-C251(型落ち)
本体カラーダークブラウンブラック
ライトグレー
サーバー・保温機能真空二重構造ステンレスサーバー
による保温
ガラスサーバーによる加熱保温(30分)
急冷式アイスコーヒー作れる作れない
カップ杯数
コーヒーカップ(120ml)
マグ・じかマグ(180ml)
アイスコーヒー(60ml)
コーヒーカップ:2~4杯
マグ:2杯
アイスコーヒー:3~4杯
じかマグ:1杯
コーヒーカップ:2~6杯
マグ:2~4杯
アイスコーヒー:3~6杯
じかマグ:1杯
消費電力700W750W
本体重量4.5kg
(サーバー含む)
4.1kg
(サーバー含む)
価格(税込)32,780円約29,700円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月18日
(予約販売は開始済み)
2022年10月15日
SC-C271(新型モデル)とSC-C251(型落ち)の比較表

SC-C271(新型モデル)がおすすめな人

  • 保温時間はできる限り長いほうがいい人(ステンレスサーバーで保温力アップ
  • 急冷式アイスコーヒーを飲みたい人
  • 1回で抽出できる杯数は4杯で十分な人
  • 電気代が安いほうがいい人

SC-C251(型落ち)がおすすめな人

  • 保温時間は30分で十分な人
  • 急冷式アイスコーヒーにこだわらない人
  • 1回で抽出できる杯数はできるだけ多いほうがいい人(6杯まで
  • コスパ重視の人(新型より約3,000円安い)

\ ステンレスサーバーになって保温性アップ /

\ 一度に入れる量が多い人向け /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場
シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO SC-C271 ダークブラウン
総合評価
( 5 )
メリット
  • ステンレスサーバーで保温性が高い
  • 急冷式アイスコーヒーが作れる
  • 消費電力が低い
デメリット
  • 抽出できる杯数が4杯まで
  • 本体が旧型より約400g重たい

コメント

コメントする

タップできる目次