\ 【本日限定】特選タイムセール実施中 /

日立ふっくら御膳!ジャパネットと市販品の違いを比較!美味しいのはどっち?

hitachi-japanet-hikaku
この記事はこんな人におすすめ
  1. 日立ふっくら御膳の「ジャパネット」と「市販品」のどっちがおすすめか知りたい
  2. 日立ふっくら御膳の「ジャパネット」と「市販品」の違いを知りたい
  3. 日立ふっくら御膳の「ジャパネット」と「市販品」を買って失敗・後悔したくない

圧力とスチームを組み合わせた独自の炊飯技術により、甘みのあるご飯が炊けることで知られる「日立ふっくら御膳」。

あきら

日立ふっくら御膳でも「ジャパネット」と「市販品」はどっちがおすすめかわからず、購入に踏み切れない人はいませんか?

結論を先に申し上げると日立ふっくら御膳はジャパネットモデルよりも、市販品(同等品)の「RZ-V100GM」がおすすめです。

なぜなら、ジャパネットモデルよりも甘みが優れていて、Amazonや楽天市場でお買い得だから。

この記事では、家電量販店マネージャーの私が、日立ふっくら御膳の「ジャパネット」と「市販品」の違いについて解説していますので、日立ふっくら御膳の購入で迷っている人は、ぜひ最後までご覧ください。

\ ジャパネットより市販品がおすすめ /

あきら

2024年6月新発売のふっくら御膳の新型「RZ-V100HM」については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】RZ-V100HMとRZ-V100GMの違いを比較 日立ふっくら御膳

【関連記事】RZ-V100HMとRZ-W100GMの違いを比較 日立ふっくら御膳

【関連記事】お米マイスターおすすめの炊飯器30選!現役家電量販店の店員が解説

タップできる目次

日立ふっくら御膳のジャパネットモデルと市販品の違い

日立ふっくら御膳のジャパネットモデルと市販品の違い

日立ふっくら御膳のジャパネットモデル「RZ-TS105M」と市販品(同等品)「RZ-V100GMの違いについて、比較検討しました。

2機種の違いは以下の6点です。

RZ-TS105M
ジャパネットモデル
RZ-TS105M
市販品モデルRZ-V100GM
市販品モデル
RZ-V100GM
発売日2022年1月2023年6月
本体カラーシャイニーホワイト
シャイニーブラック
ルビーレッド
フロストホワイト(W)
フロストブラック(K)
サイズ(mm)238×353×225248×302×234
重さ(kg)5.46.0
炊き方極上ひと粒炊き圧騰甘み炊き
炊飯種類・コース4種類6種類
(機能)冷凍用コース追加
蒸気の排出方法蒸気セーブ蒸気カット
消費電力量(Wh)
炊飯1回当たり
162155
消費電力量(Wh)
1時間当たり
タイマー予約:1.10
待機時:0.92
保温:15.6
タイマー予約:0.92
待機時:0.82
保温:16.3
価格24,490~56,980円38,700~54,800円
詳細詳細を見る詳細を見る
ジャパネットモデルと市販品モデルの比較表
ふっくら御膳 RZ-V100GMのレビュー

日立の「ふっくら御膳 RZ-V100GM」を実際に使い始めて2ヶ月が経ちました。炊飯器選びで悩んでいる方、特に美味しいご飯を毎日食べたい方、そして白米の可能性を最大限に引き出したい方に、ぜひこのレビューを読んでいただきたいです。

まず、この炊飯器の最大の魅力は、なんといっても圧倒的な炊き上がりです。白米はふっくらと弾力があり、一粒一粒がしっかり立っています。玄米も白米と遜色ない美味しさで、モチモチとした食感と豊かな風味が楽しめます。まるで高級料亭で食べるような、極上のご飯を毎日に味わえるんです。

この美味しさの秘密は、日立独自の「沸騰鉄釜」と「Wおどり炊き」にあります。「沸騰鉄釜」は、釜全体を高温で加熱することで、お米の芯までしっかり熱を通し、ふっくらとした炊き上がりを実現します。「Wおどり炊き」は、IH加熱とマイコン制御を組み合わせることで、お米を踊り炊きのように対流させ、ムラのない均一な炊き上がりを実現します。

さらに、RZ-V100GMには、白米や玄米以外にも、様々な炊き分けメニューが搭載されています。例えば、白米をより美味しく炊く「白米特選」や、雑穀米や炊き込みご飯を手軽に炊ける「炊込み・雑穀」など、多彩なメニューから選ぶことができます。

使い勝手も非常に良いです。操作パネルはシンプルで分かりやすく、誰でも簡単に操作できます。また、内釜は洗米から炊飯まで丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに置くと高級感を演出してくれます。カラーはフロストブラックとフロストホワイトの2色展開なので、キッチンに合った色を選ぶことができます。

もちろん、デメリットもいくつかあります。

まず、価格が少し高めです。他の炊飯器と比べると、1万円~2万円ほど高くなります。

また、内釜が重たいので、洗ったり持ち運んだりするのが少し大変です。

しかし、これらのデメリットは、圧倒的な炊き上がりと使い勝手の良さによって、完全に補われています。

RZ-V100GMを購入して以来、毎日のご飯が楽しみになりました。朝起きて炊きたてのご飯を味わうと、幸せな気持ちで一日を始められます。

美味しいご飯で毎日に幸せを運んでくれる、まさに至高の炊飯器です。

RZ-V100GMをオススメしたい方

  • 毎日美味しいご飯を食べたい方
  • 白米の可能性を最大限に引き出したい方
  • 使い勝手の良い炊飯器を探している方
  • スタイリッシュな炊飯器を探している方

\ ジャパネットより市販品がおすすめ /

色・サイズ・重さ

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品の違いの1点目は、「色・サイズ・重さ」です。

RZ-TS105M
ジャパネットモデル
RZ-TS105M
市販品モデルRZ-V100GM
市販品モデル
RZ-V100GM
本体カラーシャイニーホワイト
シャイニーブラック
ルビーレッド
フロストホワイト
フロストブラック
サイズ(mm)幅238×奥行353×高さ225幅248×奥行302×高さ234
重さ(kg)5.46.0
ジャパネットモデルと市販品モデルの比較

ジャパネットモデル(RZ-TS105M)には白・黒に加えて、赤モデルがあります。

ジャパネットモデルが市販品よりも奥行サイズが約5cm大きく、600g軽い商品になります。

あきら

炊飯器を置く予定の場所のサイズを確認しておきましょう。

炊き方

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品の違いの2点目は、「炊き方」です。

RZ-TS105M
ジャパネットモデル
RZ-TS105M
市販品モデルRZ-V100GM
市販品モデル
RZ-V100GM
炊き方極上ひと粒炊き圧騰甘み炊き
ジャパネットモデルと市販品モデルの比較

炊き方が「極上ひと粒炊き」から「圧騰甘み炊き」に進化した点です。

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品の違い

従来品に比べてご飯の甘みが約12%アップしました。
※数値は目安です。お米の種類・状態・量によって効果が異なる場合があります。

\ ジャパネットより市販品がおすすめ /

炊飯種類・コース

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品の違いの3点目は、「炊飯種類・コース」です。

RZ-TS105M
ジャパネットモデル
RZ-TS105M
市販品モデルRZ-V100GM
市販品モデル
RZ-V100GM
炊飯種類・コース4種類6種類
(機能)冷凍用コース追加
種類詳細炊飯・少量・快速・予約炊飯・少量・快速・予約・極上浸し
ジャパネットモデルと市販品モデルの比較

市販品モデル(RZ-V100GM)は、ジャパネットモデル(RZ-TS105M)に比べ、炊飯種類が2つ(極上・浸し)増えています。

さらに、炊飯コース「冷凍用」が増えて、レンジで温めてもパサつかず、ふっくらしたご飯を食べることができるように。

蒸気の排出量

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品の違いの4点目は、「蒸気の排出量」です。

RZ-TS105M
ジャパネットモデル
RZ-TS105M
市販品モデルRZ-V100GM
市販品モデル
RZ-V100GM
蒸気の排出方法蒸気セーブ蒸気カット
ジャパネットモデルと市販品モデルの比較

市販品モデル(RZ-V100GM)は、炊飯時に出る蒸気をカットしてくれるので置き場所を選ばず便利に。
※スライド式の棚の中にも置ける

日立炊飯器「蒸気カット」の違い

\ ジャパネットより市販品がおすすめ /

消費電力量

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品の違いの5点目は、「消費電力量」です。

RZ-TS105M
ジャパネットモデル
RZ-TS105M
市販品モデルRZ-V100GM
市販品モデル
RZ-V100GM
消費電力量(Wh)
炊飯1回当たり
162155
消費電力量(Wh)
1時間当たり
タイマー予約:1.10
待機時:0.92
保温:15.6
タイマー予約:0.92
待機時:0.82
保温:16.3
ジャパネットモデルと市販品モデルの比較

市販品モデル(RZ-V100GM)はジャパネットモデル(RZ-TS105M)に比べ、消費電力がかからない仕様になっています。

あきら

使用頻度が高い炊飯器の電気代を抑えられるのはうれしいですね。

価格

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品の違いの6点目は、「価格」です。

RZ-TS105M
ジャパネットモデル
RZ-TS105M
市販品モデルRZ-V100GM
市販品モデル
RZ-V100GM
価格24,490~56,980円38,700~54,800円
詳細マルチパンセット(丸型)56,980円
※下取り有で46,980円
マルチパンセット(角型)54,980円
※下取り有で39,980円
炊飯器のみ
※アウトレット新品同様
22,800円~23,500円
ジャパネットモデルと市販品モデルの比較

市販品モデル(RZ-V100GM)は、2023年6月に発売された新機種のため価格は高めになります。

ジャパネットモデル(RZ-TS105M)は、ジャパネットたかた公式サイトでの販売で、通常フライパンなどの別商品とセット販売されています。
※炊飯器単品での販売品はアウトレット販売で【新品同様】と記載されています。

ジャパネットモデルを購入する際は以下2点を確認しましょう。

  • 下取り商品の有無で価格が変動する
  • セットのフライパンが不要な場合は高額になる
ふっくら御膳 RZ-V100GMのレビュー

日立の「ふっくら御膳 RZ-V100GM」を実際に使い始めて2ヶ月が経ちました。炊飯器選びで悩んでいる方、とくに美味しいご飯を毎日食べたい方、そして白米の可能性を最大限に引き出したい方に、ぜひこのレビューを読んでいただきたいです。

まず、この炊飯器の最大の魅力は、なんといっても圧倒的な炊き上がりです。白米はふっくらと弾力があり、一粒一粒がしっかり立っています。玄米も白米と遜色ない美味しさで、モチモチとした食感と豊かな風味が楽しめます。まるで高級料亭で食べるような、極上のご飯を毎日に味わえるんです。

この美味しさの秘密は、日立独自の「沸騰鉄釜」と「Wおどり炊き」にあります。「沸騰鉄釜」は、釜全体を高温で加熱することで、お米の芯までしっかり熱を通し、ふっくらとした炊き上がりを実現します。「Wおどり炊き」は、IH加熱とマイコン制御を組み合わせることで、お米を踊り炊きのように対流させ、ムラのない均一な炊き上がりを実現します。

さらに、RZ-V100GMには、白米や玄米以外にも、様々な炊き分けメニューが搭載されています。例えば、白米をより美味しく炊く「白米特選」や、雑穀米や炊き込みご飯を手軽に炊ける「炊込み・雑穀」など、多彩なメニューから選べます。

使い勝手も非常に良いです。操作パネルはシンプルで分かりやすく、誰でも簡単に操作できます。また、内釜は洗米から炊飯まで丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに置くと高級感を演出してくれます。カラーはフロストブラックとフロストホワイトの2色展開なので、キッチンに合った色を選べます。

もちろん、デメリットもいくつかあります。

まず、価格が少し高めです。他の炊飯器と比べると、1万円~2万円ほど高くなります。

また、内釜が重たいので、洗ったり持ち運んだりするのが少し大変です。

しかし、これらのデメリットは、圧倒的な炊き上がりと使い勝手の良さによって、完全に補われています。

RZ-V100GMを購入して以来、毎日のご飯が楽しみになりました。朝起きて炊きたてのご飯を味わうと、幸せな気持ちで一日を始められます。

美味しいご飯で毎日に幸せを運んでくれる、まさに至高の炊飯器です。

RZ-V100GMをオススメしたい方

  • 毎日美味しいご飯を食べたい方
  • 白米の可能性を最大限に引き出したい方
  • 使い勝手の良い炊飯器を探している方
  • スタイリッシュな炊飯器を探している方

\ ジャパネットより市販品がおすすめ /

2024年6月新発売のふっくら御膳の新型「RZ-V100HM」については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】RZ-V100HMとRZ-V100GMの違いを比較 日立ふっくら御膳

【関連記事】RZ-V100HMとRZ-W100GMの違いを比較 日立ふっくら御膳

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品どっちがおすすめ?

日立ふっくら御膳のジャパネットと市販品どっちがおすすめ?

以下の3つの理由より、HITACHIの日立ふっくら御膳は、ジャパネットより市販品の「RZ-V100GM」がおすすめです。

大手ネットショッピングでお得に購入できる

大手ネットショッピングでお得に購入できる

ジャパネットモデル(RZ-TS105M)は、ジャパネットたかた公式サイトでの購入になります。

ジャパネット商品は、他の商品がセットになったプランがほとんどで無駄な買い物になることも。

市販品モデル(RZ-V100GM)は大手ネットショッピング(Amazon楽天市場・Yahoo!ショッピング等)で販売されているため、セールで安く購入できたり、大幅ポイント還元を受けたりとお得に購入できます。

ふっくら御膳 RZ-V100GMのレビュー

日立の「ふっくら御膳 RZ-V100GM」を実際に使い始めて2ヶ月が経ちました。炊飯器選びで悩んでいる方、特に美味しいご飯を毎日食べたい方、そして白米の可能性を最大限に引き出したい方に、ぜひこのレビューを読んでいただきたいです。

まず、この炊飯器の最大の魅力は、なんといっても圧倒的な炊き上がりです。白米はふっくらと弾力があり、一粒一粒がしっかり立っています。玄米も白米と遜色ない美味しさで、モチモチとした食感と豊かな風味が楽しめます。まるで高級料亭で食べるような、極上のご飯を毎日に味わえるんです。

この美味しさの秘密は、日立独自の「沸騰鉄釜」と「Wおどり炊き」にあります。「沸騰鉄釜」は、釜全体を高温で加熱することで、お米の芯までしっかり熱を通し、ふっくらとした炊き上がりを実現します。「Wおどり炊き」は、IH加熱とマイコン制御を組み合わせることで、お米を踊り炊きのように対流させ、ムラのない均一な炊き上がりを実現します。

さらに、RZ-V100GMには、白米や玄米以外にも、様々な炊き分けメニューが搭載されています。例えば、白米をより美味しく炊く「白米特選」や、雑穀米や炊き込みご飯を手軽に炊ける「炊込み・雑穀」など、多彩なメニューから選ぶことができます。

使い勝手も非常に良いです。操作パネルはシンプルで分かりやすく、誰でも簡単に操作できます。また、内釜は洗米から炊飯まで丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに置くと高級感を演出してくれます。カラーはフロストブラックとフロストホワイトの2色展開なので、キッチンに合った色を選ぶことができます。

もちろん、デメリットもいくつかあります。

まず、価格が少し高めです。他の炊飯器と比べると、1万円~2万円ほど高くなります。

また、内釜が重たいので、洗ったり持ち運んだりするのが少し大変です。

しかし、これらのデメリットは、圧倒的な炊き上がりと使い勝手の良さによって、完全に補われています。

RZ-V100GMを購入して以来、毎日のご飯が楽しみになりました。朝起きて炊きたてのご飯を味わうと、幸せな気持ちで一日を始められます。

美味しいご飯で毎日に幸せを運んでくれる、まさに至高の炊飯器です。

RZ-V100GMをオススメしたい方

  • 毎日美味しいご飯を食べたい方
  • 白米の可能性を最大限に引き出したい方
  • 使い勝手の良い炊飯器を探している方
  • スタイリッシュな炊飯器を探している方

\ ジャパネットより市販品がおすすめ /

従来品より甘みがアップ

従来品より甘みがアップ

RZ-TS105MとRZ-V100GMの違いで記載したように、一番の違いは「炊き方の進化」

浸し炊きができるようになり、従来製品に比べご飯の甘みが約12%アップしました。

あきら

甘みを感じるふっくらしたご飯好きの方には、ぜひ食べてみて欲しいです。

炊飯コースが多い

市販品モデル(RZ-V100GM)のコース
市販品モデル(RZ-V100GM)の炊飯コース
市販品モデル(RZ-V100GM)のコース

市販品モデル(RZ-V100GM)は、ジャパネットモデル(RZ-TS105M)に比べ、コースや炊き込み種類が増えました。

増えた機能
  • コース「冷凍用」追加
  • 炊飯種類「極上」追加
  • 炊飯種類「浸し」追加
あきら

「冷凍用コース」はご飯の残りを冷凍にする家庭にはおすすめの機能です。

ふっくら御膳 RZ-V100GMのレビュー

日立の「ふっくら御膳 RZ-V100GM」を実際に使い始めて2ヶ月が経ちました。炊飯器選びで悩んでいる方、特に美味しいご飯を毎日食べたい方、そして白米の可能性を最大限に引き出したい方に、ぜひこのレビューを読んでいただきたいです。

まず、この炊飯器の最大の魅力は、なんといっても圧倒的な炊き上がりです。白米はふっくらと弾力があり、一粒一粒がしっかり立っています。玄米も白米と遜色ない美味しさで、モチモチとした食感と豊かな風味が楽しめます。まるで高級料亭で食べるような、極上のご飯を毎日に味わえるんです。

この美味しさの秘密は、日立独自の「沸騰鉄釜」と「Wおどり炊き」にあります。「沸騰鉄釜」は、釜全体を高温で加熱することで、お米の芯までしっかり熱を通し、ふっくらとした炊き上がりを実現します。「Wおどり炊き」は、IH加熱とマイコン制御を組み合わせることで、お米を踊り炊きのように対流させ、ムラのない均一な炊き上がりを実現します。

さらに、RZ-V100GMには、白米や玄米以外にも、様々な炊き分けメニューが搭載されています。例えば、白米をより美味しく炊く「白米特選」や、雑穀米や炊き込みご飯を手軽に炊ける「炊込み・雑穀」など、多彩なメニューから選ぶことができます。

使い勝手も非常に良いです。操作パネルはシンプルで分かりやすく、誰でも簡単に操作できます。また、内釜は洗米から炊飯まで丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

デザインもスタイリッシュで、キッチンに置くと高級感を演出してくれます。カラーはフロストブラックとフロストホワイトの2色展開なので、キッチンに合った色を選ぶことができます。

もちろん、デメリットもいくつかあります。

まず、価格が少し高めです。他の炊飯器と比べると、1万円~2万円ほど高くなります。

また、内釜が重たいので、洗ったり持ち運んだりするのが少し大変です。

しかし、これらのデメリットは、圧倒的な炊き上がりと使い勝手の良さによって、完全に補われています。

RZ-V100GMを購入して以来、毎日のご飯が楽しみになりました。朝起きて炊きたてのご飯を味わうと、幸せな気持ちで一日を始められます。

美味しいご飯で毎日に幸せを運んでくれる、まさに至高の炊飯器です。

RZ-V100GMをオススメしたい方

  • 毎日美味しいご飯を食べたい方
  • 白米の可能性を最大限に引き出したい方
  • 使い勝手の良い炊飯器を探している方
  • スタイリッシュな炊飯器を探している方

\ ジャパネットより市販品がおすすめ /

【まとめ】日立ふっくら御膳!ジャパネットと市販品の違いについて

【まとめ】日立ふっくら御膳!ジャパネットと市販品の違いについて

比較結果より、日立ふっくら御膳はジャパネットモデルよりも、市販品モデル「RZ-V100GM」の方がさらに美味しくご飯が炊けると言えます。

あきら

自宅でふっくらと甘いご飯が食べたい人は、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

\ ジャパネットより市販品がおすすめ /

2024年6月新発売のふっくら御膳の新型「RZ-V100HM」については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】RZ-V100HMとRZ-V100GMの違いを比較 日立ふっくら御膳

【関連記事】RZ-V100HMとRZ-W100GMの違いを比較 日立ふっくら御膳

コメント

コメントする

タップできる目次