\ 【本日限定】特選タイムセール実施中 /

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+の違いを比較 ロボット掃除機

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+の違いを比較 ロボット掃除機

SwitchBot S10K10+違いを知りたい」
SwitchBot S10K10+どっちが自分に合っているのか知りたい」

あきら

この記事はこんなお悩みをスッキリ解決する記事です。

2024年月5月15日にロボット掃除機の新型モデル「SwitchBot S10」が新発売

新型モデル発売にともない、SwitchBot K10+は型落ちとなりました。

本記事では家電量販店マネージャーの私が、SwitchBot S10とSwitchBot K10+の違いを徹底比較し、どちらがどんな人におすすめかについて解説しています。

この記事を読めば、どっちがあなたにぴったりのロボット掃除機かが分かります。ロボット掃除機で時間を浮かせて毎日を充実させたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

SwitchBot S10とSwitchBot K10+の違いは9つ

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
吸引力6,500Pa2,500Pa
メインブラシの形状ゴム製ブラシゴム+毛のブラシ
水拭き機能ローラモップお掃除シート
モップの自動リフトアップありなし
ゴミステーション機能約70日間ゴミ捨て不要
50℃の温風でモップ乾燥
約70日間ゴミ捨て不要
水交換ステーションありなし
ステーションサイズ
(幅×奥行×高さ)
ゴミ収集ステーション
(260×207×412mm)
水交換ステーション
(400×165×100mm)
ゴミ収集ステーション
261×210×323mm)
本体サイズ
(直径×高さ)
365×115mm248×92mm
価格(税込)119,820円約59,800円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月15日2023年7月9日
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot S10(新型モデル)がおすすめな人

  • 吸引力は強いほうがいい人(型落ちの2.5倍
  • 髪の毛が絡まりにくい方がいい人(100%ゴムブラシ
  • 障害物を避けて掃除してほしい人(AIカメラ搭載
  • 水拭き性能は高いほうがいい人(ローラーモップ&と水交換ステーションで洗浄
  • 掃除の手間を少しでも減らしたい人(水交換ステーションで洗浄で自動排水&自動給水

SwitchBot K10+(型落ち)がおすすめな人

  • 吸引力はそこそこでいい人
  • 水拭き機能は最低限でいい人
  • コスパ重視の人(新型モデルより約60,000円安い

\ 吸引力は旧型の約2.5倍で水拭きも進化 /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

型落ちのコンパクトさは業界No.1コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約6万円安くてコスパ抜群 /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場
タップできる目次

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+の違いを比較 ロボット掃除機

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+の違いを比較 ロボット掃除機

SwitchBot S10(新型モデル)SwitchBot K10+(型落ち)の違いは以下の9つです。

新旧モデル共通の特長は「SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+ 共通の特長」をご覧ください。

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
吸引力6,500Pa2,500Pa
メインブラシの形状ゴム製ブラシゴム+毛のブラシ
水拭き機能ローラモップお掃除シート
モップの自動リフトアップありなし
ゴミステーション機能約70日間ゴミ捨て不要
50℃の温風でモップ乾燥
約70日間ゴミ捨て不要
水交換ステーションありなし
ステーションサイズ
(幅×奥行×高さ)
ゴミ収集ステーション
(260×207×412mm)
水交換ステーション
(400×165×100mm)
ゴミ収集ステーション
261×210×323mm)
本体サイズ
(直径×高さ)
365×115mm248×92mm
価格(税込)119,820円約59,800円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月15日2023年7月9日
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表
あきら

以下の項目タップで飛べます

吸引力(S10はK10+の約2.5倍)

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
吸引力6,500Pa2,500Pa
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot S10(新型モデル)では吸引力が6,500Paとなり、SwitchBot K10+(型落ち)の約2.5倍の吸引力になりました。

6500Paという吸引力は多くの家庭用ロボット掃除機の中でもかなり高いレベルに位置します。

SwitchBot S10(新型モデル)の吸引力
引用:Switch公式サイト
あきら

S10は強力な吸引力にもかかわらず静音設計が施されているため、掃除中の騒音が気になりにくいのも特徴です。

メインブラシの形状(S10はゴム100%のブラシになった)

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
メインブラシの形状ゴム製ブラシゴム+毛のブラシ
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot S10(新型モデル)のメインブラシの形状は、ゴム100%のブラシです。

SwitchBot S10(新型モデル)のメインブラシ
引用:Switch公式サイト

ゴム製ブラシの特長

  1. 耐久性:通常の毛ブラシに比べて耐久性が高く、長期間使用しても摩耗しにくい
  2. 髪の毛の絡まり防止髪の毛が絡まりにくい構造になっており、定期的なメンテナンスが簡単
  3. 清掃効率の向上:床面にしっかりと接触しながらゴミをかき集めるため、掃除効率が高い
  4. 静音性:清掃中の音を軽減する効果があり、静音性に優れている
  5. 多機能性:硬い床からカーペットまで、さまざまな床材に対応
あきら

SwitchBot K10+(型落ち)の「ゴム+毛のブラシ」は髪の毛が絡まりやすく、他社製品でも上位モデルの機種はほとんどゴム100%のブラシを採用しています。

SwitchBot K10+(型落ち)のメインブラシ
SwitchBot K10+(型落ち)のメインブラシ

水拭き機能(S10はローラーモップ、K10+はお掃除シート)

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
水拭き機能ローラモップお掃除シート
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

水拭き機能について、SwitchBot K10+(型落ち)は使い捨てのお掃除シートを掃除後に毎回交換する必要がありましたが、SwitchBot S10(新型モデル)ではローラーモップとなりました。

あきら

やわらかいマイクロファイバー素材で、他社でたまに耳にする「床の傷つけ」が起こりません

SwitchBot S10(新型モデル)のローラーモップ
引用:Switch公式サイト

業界初の機能として、SwitchBot S10(新型モデル)には水拭きとモップ洗浄を同時に行う「リアルタイムモップ洗浄」機能を搭載しています。

SwitchBot S10(新型モデル)のローラーモップ
引用:Switch公式サイト

以下の5ステップを繰り返して、しつこい汚れも徹底的に除去します。

SwitchBot S10(新型モデル)のローラーモップ
引用:Switch公式サイト
あきら

他社でもモップ洗浄はありますが、お掃除後にステーションで洗浄する機能のみです。

モップの自動リフトアップ(S10のみあり、K10+はお掃除シートを使い捨て)

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
モップの自動リフトアップありなし
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot S10(新型モデル)ではAIカメラでカーペットを認識すると、モップを7mm持ち上げてカーペットが濡れるのを防いでくれます。

SwitchBot S10(新型モデル)のモップ自動リフトアップ
引用:Switch公式サイト

モップの自動リフトアップと同時に吸引力を最大にする機能も搭載されています。

ゴミステーション機能( S10は50℃モップ乾燥あり、約70日間ゴミ捨て不要は共通)

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
ゴミステーション機能約70日間ゴミ捨て不要
50℃の温風でモップ乾燥
約70日間ゴミ捨て不要
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)それぞれに、ゴミを70日間溜めておけるゴミステーションが搭載されています。

SwitchBot S10(新型モデル)のゴミステーションの機能
引用:Switch公式サイト
あきら

SwitchBot S10(新型モデル)にはモップを50℃の温風で乾燥する機能もあり、生乾きの臭いやカビにおさらばできます。

水交換ステーション(S10のみあり、自動給水&自動排水は世界発)

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
水交換ステーションありなし
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot S10(新型モデル)にのみ水交換ステーションがあり、SwitchBot S10本体のローラーモップに対して水拭き時の10倍の水を噴射1.3倍の速度でモップが逆回転してモップを洗浄します。

SwitchBot S10(新型モデル)のローラーモップ
引用:Switch公式サイト

水交換ステーション」にはもう一つ世界発の新機能あり。

上水管と下水管に直結すれば自動給水と自動排水ができます。

SwitchBot S10(新型モデル)の水交換ステーション
引用:Switch公式サイト
あきら

他社のロボット掃除機では洗浄後の汚水や水を自分で追加する必要があるので、手間を減らすための世界初となる画期的な機能といえます。

ちなみに水拭きステーションはSwitchBot S10本体から給電するためコンセント不要

水拭きステーションの高さは防水パンと同じぐらいで100mmで邪魔になりません。

SwitchBot S10(新型モデル)の水交換ステーション
引用:Switch公式サイト

上水管/下水管との接続は、同封されているコネクターを使えば誰でも簡単にできます。

SwitchBot S10(新型モデル)の水交換ステーションとの接続方法
引用:Switch公式サイト
あきら

防水パン周りのスペースが狭くて水拭きステーションが置けない人は、以下の外付けタンクを使えばOKです。

SwitchBot S10(新型モデル)の水交換ステーション
引用:Switch公式サイト

外付けタンクの場合、汚水の取り換えや給水は他社製品と同じく手動になりますが、リビングなど好きな場所に置けるメリットがあります。

ステーションサイズ(K10+が一回り小さい)

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
ステーションサイズ
(幅×奥行×高さ)
ゴミ収集ステーション
(260×207×412mm)
水交換ステーション
(400×165×100mm)
ゴミ収集ステーション
261×210×323mm)
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

ゴミ収集ステーションはSwitchBot K10+(型落ち)の方が一回り小さいです。

あきら

幅と奥行はほぼ同じですが高さが大きく違っており、SwitchBot K10+(型落ち)はコンパクトです。

本体サイズ(K10+が一回り小さい)

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
本体サイズ
(直径×高さ)
365×115mm248×92mm
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot本体のサイズはSwitchBot K10+(型落ち)が一回り小さく、他社のロボット掃除機と比較してもコンパクトです。

SwitchBot K10+(型落ち)
引用:Switch公式サイト

SwitchBot K10+(型落ち)は小さい分、テーブルの下やイスの脚周りにも入り込み徹底的に清掃してくれます。

SwitchBot K10+(型落ち)
引用:Switch公式サイト

価格の差は約60,000円

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
価格(税込)119,820円約59,800円
(現在の入手価格)
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の価格差は約60,000円

2機種の大きく違う部分をおさらい

  • 吸引力(新型は型落ちの約2.5倍)
  • メインブラシの形状(ゴムブラシ)
  • AI障害物検知(新搭載)
  • 水拭き機能(ローラーモップ)
  • 水交換ステーション(新搭載)
あきら

他社同等クラスのロボット掃除機は15万円以上することを考えると、SwitchBot S10の価格12万円は破格といえます。

SwitchBot K10+(型落ち)との差額6万円は安すぎます

\ 吸引力は旧型の約2.5倍で水拭きも進化 /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場
あきら

型落ちのコンパクトさは業界No.1コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約6万円安くてコスパ抜群 /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+ 共通の特長 ロボット掃除機

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+ 共通の特長 ロボット掃除機

SwitchBot S10とSwitchBot K10+で、共通する特長は以下の3つです。

新旧モデルの違いは「SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+の違いを比較」をご覧ください。

無人運転技術搭載のレーダーナビ

無人運転技術搭載のレーダーナビ

レーダーナビは、主に以下のような特徴と機能を持っています。

LDS(レーザー距離センサー)技術

レーザーを使用して部屋の360度を高精度にスキャンします。家具や障害物の位置を正確に把握し、効率的な掃除ルートを計画します。

リアルタイムマッピング

掃除中にリアルタイムで部屋のマップを作成します。掃除機が現在どこを掃除しているのか、またどこを掃除すべきかを正確に理解できます。

高度な障害物回避

レーダーナビが部屋の詳細な地図を作成することで、障害物を効果的に回避します。家具や壁に衝突するリスクが減少し、掃除効率が向上します。

カスタマイズ可能な掃除エリア

アプリを通じて特定のエリアを指定したり、掃除禁止区域を設定可能。より細かい掃除管理が可能になります。

マルチフロアマッピング

複数のフロアのマッピングに対応しており、異なるフロアの掃除を効率的に行えます。各フロアの地図を記憶して自動で認識して掃除を開始します。

AIカメラで障害物を検知して避ける

SwitchBotにはAIカメラが搭載されており、床に置かれたスリッパなど色んな障害物を検知して避けながら掃除をしてくれます。

SwitchBot S10(新型モデル)のAI障害物検知
引用:Switch公式サイト

ロボット掃除機で掃除する前に床を片付けるのがめんどくさいという意見は他社でも多いので、AI障害物検知機能はありがたいですね。

「SwitchBot」アプリで操作ができる

「SwitchBot」アプリで操作ができる

「SwitchBot」アプリを使用してSwitchBot本体の操作が可能です。主な操作機能は以下の通り。

  1. 遠隔操作
    • スマートフォンを使ってどこからでもSSwitchBot本体の操作ができます。外出先からでも自宅のSwitchBot本体を制御可能。
  2. スケジュール設定
    • 特定の時間に自動で動作するようにスケジュールを設定できます。例えば、毎朝7時にSwitchBot本体を起動するように設定できます。
  3. 音声コントロール
    • 「SwitchBot」アプリは、Google AssistantやAmazon Alexaと連携しており、音声コマンドで操作できます。例えば「Hey Google, turn on the SwitchBot」と言うだけで動作します。

その他SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+ 共通のスペック

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
進入禁止エリア設定できる
水拭き禁止エリア設定できる
ゴミの吸い上げ禁止時間設定できる
掃除する部屋の順番設定設定できる
暗い部屋での掃除できる
落下防止機能あり
乗り越え可能な段差2cm
ダストボックス・フィルターの水洗いできる
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の共通スペック表

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+ ロボット掃除機がおすすめな人

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+ ロボット掃除機がおすすめな人

SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

SwitchBot S10(新型モデル)がおすすめな人

SwitchBot S10(新型モデル)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

SwitchBot S10(新型モデル)がおすすめな人
  • 吸引力は強いほうがいい人(型落ちの2.5倍
  • 髪の毛が絡まりにくい方がいい人(100%ゴムブラシ
  • 障害物を避けて掃除してほしい人(AIカメラ搭載
  • 水拭き性能は高いほうがいい人(ローラーモップ&と水交換ステーションで洗浄
  • 掃除の手間を少しでも減らしたい人(水交換ステーションで洗浄で自動排水&自動給水

\ 吸引力は旧型の約2.5倍で水拭きも進化 /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

SwitchBot K10+(型落ち)がおすすめな人

SwitchBot K10+(型落ち)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

SwitchBot K10+(型落ち)がおすすめな人
  • 吸引力はそこそこでいい人
  • 水拭き機能は最低限でいい人
  • コスパ重視の人(新型モデルより約60,000円安い

型落ちのコンパクトさは業界No.1コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約6万円安くてコスパ抜群 /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+の違いを比較 ロボット掃除機まとめ

SwitchBot(スイッチボット)S10とK10+の違いを比較 ロボット掃除機まとめ

SwitchBot S10とSwitchBot K10+ ロボット掃除機の違いを比較しました。

両者の違いは9つで、他の機能や性能は同じです。

この記事の結論

SwitchBot S10とSwitchBot K10+の違いは9つ

SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot S10(新型モデル)
SwitchBot K10+(型落ち)
SwitchBot K10+(型落ち)
吸引力6,500Pa2,500Pa
メインブラシの形状ゴム製ブラシゴム+毛のブラシ
水拭き機能ローラモップお掃除シート
モップの自動リフトアップありなし
ゴミステーション機能約70日間ゴミ捨て不要
50℃の温風でモップ乾燥
約70日間ゴミ捨て不要
水交換ステーションありなし
ステーションサイズ
(幅×奥行×高さ)
ゴミ収集ステーション
(260×207×412mm)
水交換ステーション
(400×165×100mm)
ゴミ収集ステーション
261×210×323mm)
本体サイズ
(直径×高さ)
365×115mm248×92mm
価格(税込)119,820円約59,800円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月15日2023年7月9日
SwitchBot S10(新型モデル)とSwitchBot K10+(型落ち)の比較表

SwitchBot S10(新型モデル)がおすすめな人

  • 吸引力は強いほうがいい人(型落ちの2.5倍
  • 髪の毛が絡まりにくい方がいい人(100%ゴムブラシ
  • 障害物を避けて掃除してほしい人(AIカメラ搭載
  • 水拭き性能は高いほうがいい人(ローラーモップ&と水交換ステーションで洗浄
  • 掃除の手間を少しでも減らしたい人(水交換ステーションで洗浄で自動排水&自動給水

SwitchBot K10+(型落ち)がおすすめな人

  • 吸引力はそこそこでいい人
  • 水拭き機能は最低限でいい人
  • コスパ重視の人(新型モデルより約60,000円安い

\ 吸引力は旧型の約2.5倍で水拭きも進化 /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

型落ちのコンパクトさは業界No.1コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約6万円安くてコスパ抜群 /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場
【8Way全自動】 SwitchBot ロボット掃除機 S10
総合評価
( 5 )
メリット
  • 吸引力が高い
  • 水拭き機能が優秀
  • モップの自動乾燥ができる
  • 自動排水と自動給水ができる
デメリット
  • 値段が高い
  • サイズが大きい

コメント

コメントする

タップできる目次