\ 【本日限定】特選タイムセール実施中 /

エアコン加湿機能のデメリットは?100人アンケートの結果を元に解説

エアコン加湿機能のデメリットは?100人アンケートの結果を元に解説

エアコンの加湿機能デメリットが知りたい」
エアコンの加湿機能メリットが知りたい」

あきら

これらの悩みをスッキリ解決する記事です。

部屋の加湿をするときに、加湿器を使わずエアコンの加湿機能を使う人はで、デメリットを知らない人は要注意。

結論を先に申し上げると、エアコンの加湿機能のデメリットは以下の5つです。

本記事では家電量販店マネージャーの私が、エアコン所有者100人にアンケートを取った結果を元に、エアコンの加湿機能のデメリットを解説します。

この記事を読めばエアコンの加湿機能についての理解が深まり、加湿をするときの注意点などが分かります。エアコンの加湿機能をよく使う人は、ぜひ最後までご覧ください。

\ 一番おすすめの商品はこちら /

タップできる目次

エアコン加湿機能のデメリットは?悪い口コミや評判

エアコン加湿機能のデメリットは?悪い口コミや評判

加湿機能付きエアコンの所有者100人対してアンケートを取った結果、デメリットは以下の5つと分かりました。

あきら

以下の項目タップで飛べます

エアコン加湿機能のメリットについては、「エアコン加湿機能のメリットは?良い口コミや評判」をご覧ください。

加湿能力が低い

冬場の乾燥対策で加湿機能付きエアコンを買ったんだけど、正直微妙…。広めの部屋だと加湿能力が追い付かず、喉が乾燥しちゃうことも…。加湿器との併用が必須かも?

自社独自アンケートから抜粋

多くの場合、エアコンの加湿機能は補助的な役割しか果たしません。

とくに冬場の乾燥した空気では十分な加湿能力を発揮できず、室内湿度を快適なレベルまで上げるには時間がかかります

しかし、近年は技術の進歩により高性能なモデルも増えています。例えばダイキンの「うるるとさらら」シリーズは最大加湿量が1030ml/hと、従来のモデルよりも大幅に向上しています。

うるるとさららの加湿量
引用:ダイキン公式サイト

電気代が高くなる

加湿機能付きエアコン、電気代爆上がり!? 冬場の乾燥対策に便利なのは確かだけど、電気代が跳ね上がるのはちょっとツライよね… もっと節約できる方法があればいいんだけど…

自社独自アンケートから抜粋

エアコンの加湿機能を使うと電気代が上がるというデメリットがあります。 しかし、以下の点から必ずしも電気代が高額になるとは限りません。

エアコンの加湿機能の電気代が高額じゃない理由

  1. 加湿機能の省エネ化:近年のモデルは高効率な加湿方式を採用し、消費電力を抑えています。従来のものと比べ、電気代が半分以下になったモデルも存在します。
  2. 加湿器との比較:加湿器単体と比べると、エアコンの方が部屋全体を効率的に加湿できるため、電気代を抑えられる可能性があります。とくに冬場のように暖房と加湿を同時に行う場合エアコンの方が省エネになるケースが多いです。

吹き出し口が結露しやすい

せっかく暖房で部屋を温めてるのに吹き出し口から水滴が… 加湿機能付きエアコンあるあるですよね?拭き掃除が大変になるし、カビが生えちゃうのも心配…

冬の乾燥対策はエアコンだけじゃなく、加湿器も併用するのがおすすめかも?

自社独自アンケートから抜粋

加湿機能付きエアコンは設定湿度を超えると吹き出し口付近が結露しやすいというデメリットがあります。

あきら

結露は暖房運転時に発生する温かい空気が冷たい吹き出し口に触れることで発生するものです。

しかし最近の機種では結露を抑えるための技術が進歩しています。 例えば以下の機能が搭載されています。

  • 結露防止機能::室温と湿度を自動的に調整し、結露が発生しにくい状態を維持します
  • 吹き出し口ルーバー:吹き出し方向を調整できるため、結露しやすい場所を避けられます
  • 除湿機能:暖房運転終了後、自動的に除湿運転を行い、吹き出し口の乾燥を促します

温度設定が難しい

暖房と加湿を同時に使うと、部屋が熱くなりすぎてボーッとしちゃうこともしばしば。逆に冷房と加湿だと、なんだかひんやりしすぎて逆に風邪ひきそう…

理想の湿度と温度を保つために、微調整が欠かせないのがちょっと面倒。でも、慣れれば快適な空間を作れるから、そこがまたニクいんですよね~

自社独自アンケートから抜粋

エアコンの加湿機能を使用すると室温が上がりやすくなります。

これは加湿された空気が温かい空気であるためです。

冬場であれば室温が上がりすぎないよう設定すれば良いのですが、夏場であれば冷房と加湿のバランスを取るのが難しくなります。

しかし近年のモデルには、湿度センサーを搭載して室内の湿度を自動的に測定・調整する機能が搭載されています。

カビやダニの繁殖リスクがある

冬場の乾燥対策に便利な加湿機能付きエアコンだけど、実は裏側でカビやダニが密かに繁殖してるって知ってた? 加湿フィルターやタンクの掃除を怠ると、カビ臭い部屋でくしゃみ止まらず、ダニの餌食になっちゃうかも…

自社独自アンケートから抜粋

エアコン内部は湿気が溜まりやすくカビやダニが発生しやすい環境で、エアコン加湿機能を使用するとこの問題がより深刻化することがあります。

主な対策

  • フィルターの定期的な掃除・交換:フィルターはカビやダニの温床になりやすいので、週に1回程度掃除し、2~3ヶ月に1回交換しましょう
  • 使用後は送風運転で乾燥:使用後は送風運転でエアコン内部を乾燥させ、カビやダニの繁殖を防ぎましょう

\ 一番おすすめの商品はこちら /

エアコン加湿機能のメリットは?良い口コミや評判

エアコン加湿機能のメリットは?良い口コミや評判

加湿機能付きエアコンの所有者100人対してアンケートを取った結果、メリットは以下の3つと分かりました。

あきら

以下の項目タップで飛べます

エアコン加湿機能のデメリットについては、「エアコン加湿機能のデメリットは?悪い口コミや評判」をご覧ください。

手間いらずで快適な湿度を保てる

冬の乾燥とはもうおさらば!加湿機能付きエアコンで、スイッチオンするだけでうるおいチャージ完了!
今年は面倒な水タンクの補充なしで、ずっと快適な湿度をキープ!

自社独自アンケートから抜粋

従来の加湿器とは異なり、水タンクへの給水や洗浄が不要

エアコンの運転に合わせて自動で加湿するため、湿度管理の手間が省けます。

あきら

面倒な作業から解放され、快適な空間を維持できます。

ダイキンのうるさらX
引用:ダイキン公式サイト

加湿量は自由に調節できるので、お部屋の広さや人数に合わせて最適な湿度を保てます。

乾燥が気になる場合は加湿量をアップして、より潤いのある空間を作れます。

加湿器を別に買う必要がなく、置くスペースがいらなくなる

今まで冬はエアコンと加湿器でダブル稼働だったのが、このエアコンのおかげで1台で快適に過ごせるようになったよ!加湿も暖房もできちゃうから、場所を取らずに快適に過ごせる!見た目もスッキリして、掃除もラクになったのが嬉しいポイント♪ 乾燥知らずの潤い空間で、今年の冬は思いっきりくつろぎタイムを楽しめそう!

自社独自アンケートから抜粋

従来のエアコンで冬場に加湿を行う場合は、加湿器を別途用意する必要がありました。

加湿器の置き場所によっては邪魔になったり、電源コードがわずらわしかったりする人は多いのではないでしょうか?

加湿器付きエアコンならエアコン本体に加湿機能が搭載されているため、省スペースで済みます。また、電源もエアコンと共用なので、見た目もスッキリとします。

加湿と一緒に換気もできる

加湿機能付きエアコンなら暖房しながらお部屋を潤してくれるから、乾燥知らずの快適空間が完成しちゃう! しかも外気を取り入れて換気もしてくれるから、常に新鮮な空気で過ごせるのが嬉しいポイント

自社独自アンケートから抜粋

窓を開けて換気すると寒い外気を室内に取り込んでしまうだけでなく、防犯面でも不安があります。

加湿機能付きエアコンならフィルターを通して外気を取り込み、室温に調整しながら換気するので手間いらずで効率的に室内の空気を入れ替えられます。

加湿と一緒に換気もできる
引用:ダイキン公式サイト
加湿と一緒に換気もできる
引用:ダイキン公式サイト

\ 一番おすすめの商品はこちら /

加湿機能付きエアコンがおすすめな人・おすすめじゃない人の特徴

加湿機能付きエアコンがおすすめな人・おすすめじゃない人の特徴

加湿機能付きエアコンにはそれぞれメリット・デメリットがあり、加湿機能付きエアコンと加湿器を別々で買うべきかどうかは人それぞれです。

あきら

加湿機能付きエアコンがおすすめな人・おすすめじゃない人の特徴を見て、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめな人
おすすめじゃない人
  • 加湿器の給水や掃除が面倒くさい人
  • 部屋のレイアウト上、加湿器を置く場所がない人
  • 小さな子供がいる家庭で、加湿器を倒してしまうのが心配な人
  • 高性能な加湿機能を求める人
  • 広い部屋で使いたい人
  • コスパ重視の人

\ 一番おすすめの商品はこちら /

加湿機能付きエアコンのおすすめ商品

加湿機能付きエアコンのおすすめ商品

加湿空気清浄機を買うのであれば、ダイキンの「うるさらXのRXシリーズS403ATRP」が一番おすすめです。

あきら

ダイキンのうるさらRXシリーズの特徴は以下の通りです。

\ 一番おすすめの商品はこちら /

加湿機能付きエアコンについてよくある質問

よくある質問

加湿機能付きエアコンについて、よくある質問と回答をまとめました。

加湿機能付きエアコンとは何ですか?

加湿機能付きエアコンは、冷暖房機能に加えて室内の湿度を調整する機能を備えたエアコンです。冬の乾燥や夏の過剰な湿度を調整し、快適な室内環境を提供します。

加湿機能付きエアコンはどのように加湿を行いますか?

多くの加湿機能付きエアコンは、内部に設置された加湿器を使用して水を蒸発させるか、外部から取り入れた空気を利用して加湿を行います。

一部のモデルでは、除湿した際に取り除いた水分を再利用することもあります。

加湿機能付きエアコンはどのくらいの頻度で加湿しますか?

加湿の頻度や量は室内の湿度センサーによって自動的に調整される場合が多いです。設定湿度に達するまで運転を続け、適切な湿度を維持します。

エアコン加湿機能のデメリットについてのまとめ

エアコン加湿機能のデメリットについてのまとめ

エアコンの加湿機能デメリットは以下の5つです。

加湿機能付きのエアコンには、加湿器を別で買う手間がなくなったり水の補給をしなくても良いなど、メリットもあります。

あきら

最終的に自分に合うかどうか、以下の比較表を参考に検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめな人
おすすめじゃない人
  • 加湿器の給水や掃除が面倒くさい人
  • 部屋のレイアウト上、加湿器を置く場所がない人
  • 小さな子供がいる家庭で、加湿器を倒してしまうのが心配な人
  • 高性能な加湿機能を求める人
  • 広い部屋で使いたい人
  • コスパ重視の人

\ 一番おすすめの商品はこちら /

コメント

コメントする

タップできる目次