\ 【本日限定】特選タイムセール実施中 /

ER-D5000AとER-D3000Aの違いを比較 東芝石窯ドーム

ER-D5000AとER-D3000Aの違いを比較 東芝石窯ドーム
こんなお悩みをスッキリする記事です。
  • 東芝石窯ドームER-D5000AER-D3000A違いを知りたい

2024年6月1日と7月1日に東芝石窯ドームシリーズから「ER-D5000A」「ER-D3000A」が新発売

本記事では家電量販店マネージャーの私が、ER-D5000AとER-D3000Aの違いを徹底比較し、どちらがどんな人におすすめかについて解説しています。

この記事を読めば、あなたにぴったりのオーブンレンジが分かります。ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

ER-D5000AとER-D3000Aの違いは10個

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
おまかせレンジ調理あり
(パスタ/カレー/中華/煮物)
なし
石窯おまかせ焼きあり
(深皿煮込み)
なし
分量フリー自動メニュー
(常温・冷蔵コース)
6メニュー5メニュー
分量フリー自動メニュー
(下味冷凍コース)
5メニューなし
レンジ(センサー)ねらって赤外線センサー8つ目赤外線センサー
オーブン(温度設定範囲)100~300・350℃
スチーム発酵(30,35,40,45℃)
100~250・300℃
スチーム発酵(40℃)
過熱水蒸気調理
(温度設定範囲)
100~250℃,300℃100~250℃
ハイブリッド調理
(温度設定範囲)
100~250℃,300℃オートのみ
自動メニュー数
総レシピ数
122
301
119
200
価格(税込)151,800円104,280円
【参考】
発売日
2024年6月1日2024年7月1日
(予約販売は開始済み)
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

ER-D5000A(新型モデル)がおすすめな人

  • 最新型のオーブンレンジを使いたい人
  • おまかせレンジ調理で料理を楽にしたい人
  • 分量フリー自動メニューで「下味冷凍コース」を使いたい人
  • レシピをスマホやPCでチェックしたい人

ER-D3000A(型落ちモデル)がおすすめな人

  • 料理はレンジに頼らず自分でやりたい人
  • レンジ/オーブン性能はそこそこでいい人
  • 自動メニュー数はそこそこでいい人
  • コスパ重視の人(ER-D5000Aより約5万円安い

\ おまかせレンジ調理が新搭載 /

【関連記事】ER-D5000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

\ 約5万円安くてコスパ抜群

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

【関連記事】ER-D3000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

【関連記事】東芝石窯ドームで後悔?壊れやすいのか100人アンケートを元に解説

【関連記事】家電芸人おすすめオーブンレンジ15選!用途別に紹介

タップできる目次

ER-D5000AとER-D3000Aの違いを比較 東芝石窯ドーム

ER-D5000AとER-D3000Aの違いを比較 東芝石窯ドーム

ER-D5000AER-D3000Aの違いは以下の10個です。

2機種共通の特長は「ER-D5000AとER-D3000A共通の特長」をご覧ください。

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
おまかせレンジ調理あり
(パスタ/カレー/中華/煮物)
なし
石窯おまかせ焼きあり
(深皿煮込み)
なし
分量フリー自動メニュー
(常温・冷蔵コース)
6メニュー5メニュー
分量フリー自動メニュー
(下味冷凍コース)
5メニューなし
レンジ(センサー)ねらって赤外線センサー8つ目赤外線センサー
オーブン(温度設定範囲)100~300・350℃
スチーム発酵(30,35,40,45℃)
100~250・300℃
スチーム発酵(40℃)
過熱水蒸気調理
(温度設定範囲)
100~250℃,300℃100~250℃
ハイブリッド調理
(温度設定範囲)
100~250℃,300℃オートのみ
自動メニュー数
総レシピ数
122
301
119
200
価格(税込)151,800円104,280円
【参考】
発売日
2024年6月1日2024年7月1日
(予約販売は開始済み)
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

以下の項目タップで飛べます

ER-D5000Aにおまかせレンジ調理が新搭載

ER-D5000Aに「おまかせレンジ調理」が新搭載されました。

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
おまかせレンジ調理あり
(パスタ/カレー/中華/煮物)
なし
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表
あきら

一度にすべての材料をボウルに入れ、コースを選んでスタートするだけで赤外線センサーと温度センサーが食材の温度上昇を検知し、分量に合わせて自動制御して調理をしてくれます。

ER-D7000A(新型)のおまかせレンジ調理機能
ER-D5000A(新型)のおまかせレンジ調理機能

毎日の食卓に役立つ4つのコース(パスタ・カレー・中華・煮物)が搭載。味付けは市販品(パスタソース、カレールウ、おかずの素など)を活用でき、簡単に調理ができます。

ER-D7000A(新型)のおまかせレンジ調理機能
ER-D5000A(新型)のおまかせレンジ調理機能

コースを選択すれば出力や時間設定は不要分量フリーで自動調理してくれるので、料理が苦手な人でも安心です。

ER-D5000Aは石窯おまかせ焼きで深皿煮込みができる

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
石窯おまかせ焼き あり
(深皿煮込み)
なし
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

石窯おまかせ焼きは食材を並べるだけで自動で調理できる便利な機能です。

石窯おまかせ焼き
石窯おまかせ焼き
石窯おまかせ焼き

ER-D5000Aの石窯おまかせ焼きのメニュー

  • 肉・野菜
  • 深皿煮込み
  • グラタン

ER-D3000Aの石窯おまかせ焼きのメニュー

  • 肉・野菜
  • グラタン

ER-D5000Aは分量フリー自動メニュー「常温・冷蔵コース」のメニュー数が多い

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
分量フリー自動メニュー
(常温・冷蔵コース)
6メニュー5メニュー
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

分量に合わせて加熱を自動調節する「分量フリー自動メニュー」の「常温・冷蔵コース」のメニュー数は、ER-D5000Aの方が「6メニュー」と多いです。

ER-D5000Aは分量フリー自動メニュー「下味冷凍コース」がある

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
分量フリー自動メニュー
(下味冷凍コース)
6メニューなし
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

ER-D5000Aには分量に合わせて加熱を自動調節する「分量フリー自動メニュー」の「下味冷凍コース」があります。

あきら

冷蔵食材の場合と同様に温度や時間の設定は不要、メニューを選んでスタートするだけで、1人分から4人分までおいしく調理できます。

ER-D7000A(新型)の分量フリー自動メニュー
ER-D5000A(新型)の分量フリー自動メニュー

ER-D5000Aは「ねらって赤外線センサー」できめ細かく検知し、適温にあたため

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
レンジ(センサー) ねらって赤外線センサー8つ目赤外線センサー
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

ER-D5000Aに搭載されている「ねらって赤外線センサー」は、食品の位置と分量を1024ヵ所(8つ目赤外線センサー×128ポイント)の高精度で検知し、食品全体をムラなくちょうどいい温度にあたためる機能です。

ねらって赤外線センサー
ねらって赤外線センサー

ER-D3000Aの8つ目赤外線センサーでは庫内全体を検知するため、食品の量や位置によってはあたためムラが発生してしまうことがありました。

ER-D3000Aの8つ目赤外線センサー
ER-D3000Aの8つ目赤外線センサー

「ねらって赤外線センサー」は、食品の領域のみを高精度にセンシングすることで、あたためムラの問題を解決しました。

ER-D5000Aは業界最高350℃の石窯ドームがおいしい火加減で焼き上げ

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
オーブン(温度設定範囲) 100~300・350℃
スチーム発酵(30,35,40,45℃)
 100~250・300℃
スチーム発酵(40℃)
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

ER-D5000A業界最高350℃の圧倒的な高温で、石窯のような庫内構造と熱風循環システムにより、まるで本物の石窯で焼き上げたような仕上がりを実現します。

お肉などは食材を包み込む熱風で、外はこんがり、中はふっくらジューシーに仕上げます。

肉のおいしさが違う!
あきら

パンなどは食材全体に均一な熱が伝わるので、焼きムラを抑え、ふっくらと焼き上がります。

パンのふくらみが違う!

従来のオーブンレンジに比べて予熱時間を大幅に短縮し、約5分で350℃に到達します。

加熱が早い

ER-D5000Aは過熱水蒸気調理の温度が300℃まで上げられる

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
過熱水蒸気調理
(温度設定範囲)
 100~250℃,300℃ 100~250℃
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

「過熱水蒸気調理」は、高温に熱した水蒸気で食材を包み込むように加熱する調理方法です。

あきら

従来の電子レンジやオーブンとは異なり、油を使わずにヘルシーに調理できるのが特徴です。

過熱水蒸気調理
過熱水蒸気調理

ER-D5000Aは最高300℃、ER-D3000Aは250℃までです。

ER-D5000Aはハイブリッド調理の温度が300℃まで上げられる

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
ハイブリッド調理
(温度設定範囲)
 100~250℃,300℃オートのみ
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

「ハイブリッド調理」は、過熱水蒸気オーブン加熱を組み合わせて調理する機能です。

従来のオーブンレンジでは調理ムラができやすかったり、食材がパサついてしまったりという課題がありましたが、ハイブリッド調理ではこれらの課題を克服し、ふっくらジューシーに仕上げられます。

ハイブリッド調理
ハイブリッド調理

ER-D5000Aは最高300℃まで、ER-D3000Aの温度設定はオートのみです。

ER-D5000Aは自動メニュー数・総レシピ数が多い

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
自動メニュー数
総レシピ数
 122
301
 119
200
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

自動メニュー数・総レシピ数は、ER-D5000Aの方が多いです。

詳しいメニューが知りたい人は、以下の料理集をご覧ください。

⇒ER-D5000Aの料理集はこちらをクリック(東芝公式サイトへ飛びます)
⇒ER-D3000Aの料理集はこちらをクリック(東芝公式サイトへ飛びます)

価格の差は約50,000円

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
価格(税込) 151,800円 104,280円
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

2機種の価格差は約50,000円です。

あきら

性能の差を考えると、料理をよくする人にとっては納得できる価格差ではないでしょうか?

\ おまかせレンジ調理が新搭載 /

【関連記事】ER-D5000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

\ 約5万円安くてコスパ抜群

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

【関連記事】ER-D3000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

ER-D5000AとER-D3000A共通の特長 東芝石窯ドーム

ER-D5000AとER-D3000A共通の特長 東芝石窯ドーム

ER-D5000AとER-D3000Aで、主な共通の特長は以下の4つです。

2機種の違いは「ER-D5000AとER-D3000Aの違いを比較」をご覧ください。

以下の項目タップで飛べます

業界最小「奥行き39.9cm」の薄型コンパクト

2024年3月1日現在、国内家庭用100Vオーブンレンジ総庫内容量30L以上において業界最小サイズです。

  • 扉を閉じている状態のサイズ:幅498×奥行き446(ハンドル含む)×高さ396mm
  • 扉を開いている状態のサイズ:幅498×奥行き683(ハンドル含む)×高さ396mm
業界最小「奥行き39.9cm」の薄型コンパクト

よごれがつきにくく、庫内全面お手入れらくらく

フラットな丸い天井・四隅も丸い庫内で、サッと掃除できます。とれちゃうコートのおかげで、汚れが付きにくいのもポイントです。

よごれがつきにくく、庫内全面お手入れらくらく

庫内乾燥コースで調理後のベタつきを軽減

「庫内乾燥コース」はレンジ調理後の庫内の結露スチーム調理後のべたつきを解消するために、ヒーターの熱で庫内を乾かすコースです。

あきら

スチームで汚れを浮かす「手間なしお手入れ」コースと組み合わせて、より効果的に庫内を清潔に保てます。

庫内乾燥コース

LED庫内灯が便利

あきら

庫内の様子が見やすいように、上下2ヵ所にLED灯を搭載されています。

LED庫内灯
LED庫内灯

ER-D5000AとER-D3000Aの共通スペック

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
サイズ扉を閉じている状態のサイズ:幅498×奥行き446(ハンドル含む)×高さ396mm
扉を開いている状態のサイズ:幅498×奥行き683(ハンドル含む)×高さ396mm
質量(本体のみ)21kg
オーブン・グリル機能
消費電力(W)/ヒーター出力(W)
1430/ オーブン1410・グリル1100
レンジ機能
消費電力(W)/高周波出力(W)
1430/1000:最大5分(600)
専用付属品深皿(鉄板ホーロー)41.2×29.1cm 1枚
遠赤包み焼き角皿(とれちゃうコート)41.2×29.1cm 2枚
焼網
取扱説明書
別冊料理集
ER-D5000A(新型モデル)とER-D3000A(型落ちモデル)の共通スペック表

\ おまかせレンジ調理が新搭載 /

【関連記事】ER-D5000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

\ 約5万円安くてコスパ抜群

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

【関連記事】ER-D3000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

ER-D5000AとER-D3000A 東芝石窯ドームがおすすめな人

ER-D5000AとER-D3000A 東芝石窯ドームがおすすめな人

ER-D5000AとER-D3000A、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

ER-D5000Aがおすすめな人

ER-D5000Aがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

ER-D5000Aがおすすめな人
  • 最新型のオーブンレンジを使いたい人
  • おまかせレンジ調理で料理を楽にしたい人
  • 分量フリー自動メニューで「下味冷凍コース」を使いたい人
  • 調理の温度で350℃まで使いたい人
  • 自動メニュー数は多い方がいい人
あきら

一番大きな変化である「おまかせレンジ調理」でとにかく料理の手間を楽にしたい人に、とくにおすすめです。

\ おまかせレンジ調理が新搭載 /

【関連記事】ER-D5000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

ER-D3000Aがおすすめな人

ER-D3000Aがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

ER-D3000がおすすめな人
  • 料理はレンジに頼らず自分でやりたい人
  • レンジ/オーブン性能はそこそこでいい人
  • 自動メニュー数はそこそこでいい人
  • コスパ重視の人(ER-D5000Aより約5万円安い
あきら

コスパ重視の人にとくにおすすめです。

\ 約5万円安くてコスパ抜群

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

【関連記事】ER-D3000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

東芝石窯ドームについてよくある質問まとめ

 東芝石窯ドームについてよくある質問まとめ

東芝石窯ドームについて、よくある質問と回答をまとめました。

石窯ドームと他のオーブンレンジの違いは何ですか?

石窯ドームは、庫内に遠赤外線ヒーターと石窯ドーム形状を採用することで、石窯のような遠赤外線効果と熱対流を実現し、外はこんがり、中はふっくらと焼き上げられます。

石窯ドームでどんな料理が作れますか?

石窯ドームは、パン、ピザ、焼き菓子、肉料理、魚料理など、さまざまな料理を作れます。

石窯ドームのメリットは何ですか?

  • 遠赤外線効果で外はカリッと中はふっくらとした料理を作れる
  • 庫内が広く、大きな料理も焼ける
  • スチーム機能付きで、パンや蒸し料理も簡単に作れる
  • お手入れが簡単

石窯ドームのデメリットは何ですか?

  • 価格が高い
  • 重量が重いため設置場所を選ぶ

ER-D5000AとER-D3000Aの違いを比較 東芝石窯ドームまとめ

ER-D5000AとER-D3000Aの違いを比較 東芝石窯ドームまとめ

ER-D5000AとER-D3000A 東芝石窯ドームの違いを比較しました。

2機種の違いは10個で、他の機能や性能は同じです。

この記事の結論

ER-D5000AとER-D3000Aの違いは10個

ER-D5000A(新型モデル)
ER-D5000A
ER-D3000A(新型モデル)
ER-D3000A
おまかせレンジ調理あり
(パスタ/カレー/中華/煮物)
なし
石窯おまかせ焼きあり
(深皿煮込み)
なし
分量フリー自動メニュー
(常温・冷蔵コース)
6メニュー5メニュー
分量フリー自動メニュー
(下味冷凍コース)
5メニューなし
レンジ(センサー)ねらって赤外線センサー8つ目赤外線センサー
オーブン(温度設定範囲)100~300・350℃
スチーム発酵(30,35,40,45℃)
100~250・300℃
スチーム発酵(40℃)
過熱水蒸気調理
(温度設定範囲)
100~250℃,300℃100~250℃
ハイブリッド調理
(温度設定範囲)
100~250℃,300℃オートのみ
自動メニュー数
総レシピ数
122
301
119
200
価格(税込)151,800円104,280円
【参考】
発売日
2024年6月1日2024年7月1日
(予約販売は開始済み)
ER-D5000AとER-D3000Aの比較表

ER-D5000A(新型モデル)がおすすめな人

  • 最新型のオーブンレンジを使いたい人
  • おまかせレンジ調理で料理を楽にしたい人
  • 分量フリー自動メニューで「下味冷凍コース」を使いたい人
  • レシピをスマホやPCでチェックしたい人

ER-D3000A(型落ちモデル)がおすすめな人

  • 料理はレンジに頼らず自分でやりたい人
  • レンジ/オーブン性能はそこそこでいい人
  • 自動メニュー数はそこそこでいい人
  • コスパ重視の人(ER-D5000Aより約5万円安い
あきら

一番大きな変化である「おまかせレンジ調理」でとにかく料理の手間を楽にしたい人に、とくにおすすめです。

\ おまかせレンジ調理が新搭載 /

【関連記事】ER-D5000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

コスパを重視する人には、ER-D5000Aより約5万円安いER-D3000Aがおすすめです。

\ 約5万円安くてコスパ抜群

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
\父の日特集開催中/
楽天市場

【関連記事】ER-D3000Aの口コミ評判レビュー!東芝石窯ドーム

【関連記事】東芝石窯ドームで後悔?壊れやすいのか100人アンケートを元に解説

【関連記事】家電芸人おすすめオーブンレンジ15選!用途別に紹介

ER-D5000A 東芝石窯ドーム
総合評価
( 5 )
メリット
  • おまかせレンジ調理機能がある
  • 分量フリー自動メニュー(下味冷凍コース)がある
  • スマートフォン専用アプリ(あたためコース)がある
デメリット
  • 価格が高い

コメント

コメントする

タップできる目次