\ 年に1度のプライムデー!先行セール開催中 /

エコバックスN20/PRO PLUS/PLUSの違いを比較 DEEBOT

エコバックスN20/PRO PLUS/PLUSの違いを比較 DEEBOT

\ 年1回だけ!100万点以上が大特価 /

【先行セール開催中】

~ 7/15(月)23:59まで

エコバックスDEEBOTの「N20/PRO PLUS/PLUS違いを知りたい」
エコバックスDEEBOTの「N20/PRO PLUS/PLUSどれが自分に合っているのか知りたい」

あきら

この記事はこんなお悩みをスッキリ解決する記事です。

2024年月6月25日にエコバックスから新型モデルDEEBOT「N20 PRO PLUS」「N20 PLUS」「N20」の3機種が同時に新発売

型番が似ている3機種のどこがどう違うのかを知ってから購入を決めたい人は、多いのではないでしょうか?

本記事では家電量販店マネージャーの私が、エコバックスDEEBOTの「N20/PRO PLUS/PLUS」の違いを徹底比較し、どれがどんな人におすすめかについて解説しています。

この記事を読めば、どれがあなたにぴったりの機種かが分かります。エコバックスのロボット掃除機で毎日の掃除を楽にしたいは、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

N20 PRO PLUS・N20 PLUS・N20の違いは7つ

スクロールできます
DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
本体カラーホワイトブラックホワイト
水拭き機能振動モップパッドモップパッドモップパッド
ゴミステーションありありなし
サイズ
(幅×奥行×高さ)
【本体】
353×351×96mm
【ゴミステーション】
356×451×380mm
【本体】
353×351×96mm
【ゴミステーション】
356×451×380mm
【本体】
353×351×96mm
【充電台】
218×73×111mm
重量【本体】
約4.2kg
【ゴミステーション】
4.5kg
【本体】
約3.7kg
【ゴミステーション】
4.5kg
【本体】
約3.7kg
【充電台】
0.5kg
セット内容①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
ゴミステーション
⑨交換用ゴミパック
⑩モッププレート(2個)
⑪モップパッド(2個)
①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧ゴミステーション
⑨交換用ゴミパック
⑩モッププレート(1個)
⑪モップパッド(1個)
①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧充電台
⑨モッププレート1個)
⑩モップパッド(1個)
価格(税込)69,800円62,800円49,990円
【参考】
発売日
2024年6月25日2024年6月25日2024年6月25日
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

3機種とも他社と比べてかなりコスパがいい商品です。水拭き機能もあってコスパの良いロボット掃除機をお探しの人は、ぜひ購入を検討してみてください。

購入はこちらから

こんな人におすすめ

  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除も水拭きもしっかりしてほしい人(振動モップパッド
  • ゴミステーションはほしい人(ゴミステーションあり
エコバックスジャパン公式 ストア
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

【関連記事】エコバックスとルンバ比較 どっちがおすすめ?家電のプロが解説

あきら

その他のエコバックス製品については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】エコバックスX2/X1/T30/T20/T20eの違いを比較 DEEBOT OMNI

【関連記事】エコバックスY1 PRO PLUS・Y1 PRO・Y1 PLUS・Y1の違いを比較|DEEBOT

タップできる目次

N20/PRO PLUS/PLUSの違いを比較 エコバックスDEEBOT

N20PROPLUS・N20PLUS・N20の違いを比較 エコバックスDEEBOT

N20PROPLUS・N20PLUS・N20違いは以下の7つで、その他の機能は共通です。

3モデル共通の特長は「N20 PRO PLUS・N20 PLUS・N20 共通の特長」をご覧ください。

スクロールできます
DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
本体カラーホワイトブラックホワイト
水拭き機能振動モップパッドモップパッドモップパッド
ゴミステーションありありなし
サイズ
(幅×奥行×高さ)
【本体】
353×351×96mm
【ゴミステーション】
356×451×380mm
【本体】
353×351×96mm
【ゴミステーション】
356×451×380mm
【本体】
353×351×96mm
【充電台】
218×73×111mm
重量【本体】
約4.2kg
【ゴミステーション】
4.5kg
【本体】
約3.7kg
【ゴミステーション】
4.5kg
【本体】
約3.7kg
【充電台】
0.5kg
セット内容①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
ゴミステーション
⑨交換用ゴミパック
⑩モッププレート(2個)
⑪モップパッド(2個)
①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧ゴミステーション
⑨交換用ゴミパック
⑩モッププレート(1個)
⑪モップパッド(1個)
①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧充電台
⑨モッププレート1個)
⑩モップパッド(1個)
価格(税込)69,800円62,800円49,990円
【参考】
発売日
2024年6月25日2024年6月25日2024年6月25日
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

以下の項目タップで飛べます

本体カラー(N20 PRO PLUSとN20はホワイト、N20 PLUSはブラック)

DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
本体カラーホワイトブラックホワイト
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

本体カラーはN20 PRO PLUSとN20はホワイト、N20 PLUSはブラックとなっています。

あきら

好みが分かれるところですが、機種ごとで色は固定で選べません。

DEEBOT N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
DEEBOT N20 PLUS
DEEBOT N20
DEEBOT N20

水拭き機能(N20 PRO PLUSのみ振動モップパッドを採用)

DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
水拭き機能振動モップパッドモップパッドモップパッド
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

3機種ともモップパッドの装着方法や形状・大きさなどはまったく同じですが、N20 PRO PLUSのみ高周波振動を利用した「OZMO Pro 2.0振動モップ」という機能が搭載されています。

DEEBOT N20もモップパッド

OZMO Pro 2.0振動モップ」とはモップパッドが1分間に480回振動し、頑固な汚れもしっかりとらえて素早く床を磨きあげてくれる機能のことです。

水拭き機能を重視する人には「N20 PRO PLUS」がおすすめです。

ゴミステーション(N20 PRO PLUSとN20 PLUSのみあり)

DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PRO
DEEBOT N20
N20
ゴミステーションありありなし
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

N20 PRO PLUSとN20 PLUSにのみ、自動でゴミを収集してくれる「ゴミステーション」が搭載されています。

N20 PRO PLUSとN20 PLUSに搭載された「ゴミステーション」は、従来のDEEBOTで搭載されているものと比べると機能が大きく進化しています。

進化したポイント

  • ダスト分離率95%を実現
  • モーターとフィルターの寿命を延ばし、100回使用後でも集塵力の低下は最小限
  • 高度な4段階フィルターシステムにより、清潔で健康的な家庭環境を確保
  • メンテナンス不要のダストボックスを採用

サイズ(DEEBOT本体のサイズは共通)

DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
サイズ
(幅×奥行×高さ)
【本体】
353×351×96mm
【ゴミステーション】
356×451×380mm
【本体】
353×351×96mm
【ゴミステーション】
356×451×380mm
【本体】
353×351×96mm
【充電台】
218×73×111mm
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

サイズについて、DEEBOT本体のサイズは3機種とも共通です。

ゴミステーションはN20 PRO PLUSとN20 PLUSのみありで、サイズは共通です。

N20 PRO PLUSとN20 PROのサイズ
DEEBOT N20のサイズ

重量(N20 PRO PLUSのみ少し重たい)

DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
重量【本体】
約4.2kg
【ゴミステーション】
4.5kg
【本体】
約3.7kg
【ゴミステーション】
4.5kg
【本体】
約3.7kg
【充電台】
0.5kg
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

DEEBOT本体のサイズは3つとも共通ですが、N20 PRO PLUSのDEEBOT本体のみ、他2機種より約500gほど重たいです。

あきら

N20 PRO PLUSのDEEBOT本体のみ他の2機種より重たい理由は、「OZMO Pro 2.0振動モップ」の機能が搭載されているためです。

メーカーに問い合わせたところ、モップを振動させるためのモーターなどの重さの分とのことでした。

セット内容(N20 PRO PLUSのみモップ用品が2個付属)

スクロールできます
DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
セット内容①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧ゴミステーション
⑨交換用ゴミパック
⑩モッププレート(2個)
⑪モップパッド(2個)
①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧ゴミステーション
⑨交換用ゴミパック
⑩モッププレート(1個)
⑪モップパッド(1個)
①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧充電台
⑨モッププレート1個)
⑩モップパッド(1個)
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

セット内容については、ゴミステーションの有無が一番大きな違いですが、N20 PRO PLUSにのみ⑩モッププレート⑪モップパッドそれぞれ2個付属しています。

DEEBOT N20のモップパッド
あきら

モップパッドの互換品は、Amazonなどで1,000円以下で販売されているので、水拭きの頻度が高い人は後から買い足せばOKです。

\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

価格(3機種の価格差は最大約20,000円)

DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
価格(税込)69,800円62,800円49,990円
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

3機種の価格差は最大約20,000円です。

3機種の主な違いゴミステーションの有無水拭き機能です。

あきら

ゴミステーションがあるとないとではゴミ捨ての手間がまったく違うので、買うなら「N20 PRO PLUS」か「N20 PLUSをおすすめします。

購入はこちらから

こんな人におすすめ

  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除も水拭きもしっかりしてほしい人(振動モップパッド
  • ゴミステーションはほしい人(ゴミステーションあり
エコバックスジャパン公式 ストア
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

その他のエコバックス製品については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】エコバックスX2/X1/T30/T20/T20eの違いを比較 DEEBOT OMNI

【関連記事】エコバックスY1 PRO PLUS・Y1 PRO・Y1 PLUS・Y1の違いを比較|DEEBOT

N20/PRO PLUS/PLUS 共通の特長 エコバックスDEEBOT

N20PROPLUS・N20PLUS・N20 共通の特長

N20 PRO PLUS・N20 PLUS・N20で、共通する特長は以下の5つです。

新旧モデルの違いは「N20/PRO PLUS/PLUSの違いを比較」をご覧ください。

以下の項目タップで飛べます

吸引力8,000Paでパワフルにゴミを吸い取る

3機種とも吸引力は8000Paで、床、カーペットなどのゴミをパワフルに吸引してくれます。

Paは掃除機の吸引力が「物を浮き上がらせる力(真空度)」のことです。

一般的なロボット掃除機のPaは2500~3000Paほど。この数値が高いほど、床のゴミを浮き上がらせる力が大きくなります。

あきら

N20シリーズのDEEBOTがどれだけ吸引力が強いかよく分かりますね!

Zero-Tangleテクノロジーで髪の毛の絡みを防ぐ

エコバックス独自の「Zero-Tangleテクノロジー」は、ロボット掃除機のメインブラシに髪の毛などが絡まるのを極限まで減らす技術です。

V型ブラシとギザギザのクシの組み合わせで、犬の毛長い髪の毛絡まりません

TrueMappingで部屋の間取りを正確に把握し、赤外線センサー(LDS)で障害物を回避する

TrueMapping赤外線センサー(LDS)は、エコバックスロボット掃除機が効率的に清掃を行うために搭載された機能です。

1. TrueMapping

TrueMappingはレーザーセンサーを使用して、ロボット掃除機が部屋の間取りを正確に把握する機能です。具体的には、以下のステップで部屋をマッピングします。

  1. ロボット掃除機がレーザーセンサーで部屋の周囲をスキャンします
  2. SLAMアルゴリズムを使用して、スキャンデータから部屋の間取りを推測します
  3. ロボット掃除機が部屋を移動しながら、推測された間取りを修正していきます

TrueMappingによってロボット掃除機は以下のようなことができます。

  • 部屋全体を効率的に清掃する:部屋の間取りを把握することで、ロボット掃除機は部屋全体を無駄なく移動し、隅々まで清掃できます。
  • 特定の部屋を清掃する:TrueMapping機能を使用すれば、アプリ上で特定の部屋を選択して清掃できます。
  • 仮想壁を設定する:アプリ上で仮想壁を設定することで、ロボット掃除機が清掃するエリアを制限できます。

2. 赤外線センサー(LDS)

赤外線センサー(LDS)はロボット掃除機が障害物を回避するために使用するセンサーです。具体的には、以下のことができます。

  • 壁や家具などの障害物を検知する::赤外線センサーは壁や家具などの障害物を検知し、衝突を避けられます。
  • 段差を検知する:赤外線センサーは段差を検知し、落下を避けられます。
あきら

TrueMappingと赤外線センサー(LDS)を組み合わせることで、DEEBOTのN20シリーズはより効率的かつ安全に清掃ができます。

20mmまでの段差を乗り超えて家中掃除、300分の長時間稼働

従来のロボット掃除機では、段差に引っかかってしまったり、乗り越えられずに停止してしまうことがありました。

しかしDEEBOTのN20シリーズであれば、段差の形状や床の状態によっては乗り越えられない場合もありますが、多くの家庭で発生するちょっとした段差(20mm以下)であれば、スムーズに掃除ができます。

乗り越えられる段差の例

  • カーペットとフローリングの段差
  • ラグなどのちょっとした段差
  • ドアのレール
  • 畳とフローリングの段差

稼働時間については最大300分連続運転ができて、途中で電池が切れる可能性はほぼゼロです。

あきら

我が家は2LDKのマンションですが、60分以内に清掃は終わりますし、万が一充電が切れそうな場合は、自動充電&自動再開機能で、最後まで掃除をやり遂げます。

スマホアプリで遠隔操作!音声アシスタント搭載で声で操作ができる

DEEBOTのN20シリーズは、スマホアプリ音声アシスタントを使って、以下の操作が可能です。

スマホアプリ

  • 掃除の開始・停止
  • 清掃モードの選択(自動、スポット、エッジ、マニュアルなど)
  • スケジュール設定(曜日、時間帯を指定して掃除を予約)
  • 掃除履歴の確認(清掃時間、清掃面積、マップなど)
  • 水量調節(水拭き機能搭載モデルの場合)
  • バーチャルウォール設定(進入禁止エリアを設定)
  • ファームウェアアップデート

音声アシスタント

  • 掃除の開始・停止
  • 清掃モードの選択(一部のモデルのみ)
  • 帰還基地へ指示

対応音声アシスタント

  • Googleアシスタント
  • Amazon Alexa
  • Siri

N20PROPLUS・N20PLUS・N20共通のスペック

スクロールできます
DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
おすすめの
間取り
3~4部屋
吸引力8,000Pa
清掃パターン部屋の間取りを読み取り、規則正しく清掃
AI技術を駆使し、障害物を回避しながら清掃
稼働時間最大300分
主な機能①自動充電&自動再開
②障害物を回避
③部分エリア清掃&清掃エリアの禁止設定
④部屋を指定して清掃
⑤掃除完了のお知らせ
⑥ライフスタイルに合わせた清掃の提案
⑦清掃方法のお気に入り登録
⑧チャイルドロック
⑨アプリで操作
⑩音声アシスタント
充電時間6.5時間
メーカー保証1年
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の共通スペック表

購入はこちらから

こんな人におすすめ

  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除も水拭きもしっかりしてほしい人(振動モップパッド
  • ゴミステーションはほしい人(ゴミステーションあり
エコバックスジャパン公式 ストア
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

その他のエコバックス製品については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】エコバックスX2/X1/T30/T20/T20eの違いを比較 DEEBOT OMNI

【関連記事】エコバックスY1 PRO PLUS・Y1 PRO・Y1 PLUS・Y1の違いを比較|DEEBOT

N20/PRO PLUS/PLUSがおすすめな人 エコバックスDEEBOT

N20 PRO PLUS・N20 PLUS・N20がおすすめな人

N20PROPLUS・N20PLUS・N20、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

こんな人におすすめ

  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除も水拭きもしっかりしてほしい人(振動モップパッド
  • ゴミステーションはほしい人(ゴミステーションあり
エコバックスジャパン公式 ストア
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

N20 PRO PLUSがおすすめな人

NN20 PRO PLUSがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

N20 PRO PLUSがおすすめな人
  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除も水拭きもしっかりしてほしい人(振動モップパッド
  • ゴミステーションはほしい人(ゴミステーションあり
エコバックスジャパン公式 ストア
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

N20 PLUSがおすすめな人

N20 PLUSがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

N20 PLUSがおすすめな人
  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除メインで水拭き機能はあまり使わない人(モップパッド
  • ゴミステーションはほしい人(ゴミステーションあり
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

N20がおすすめな人

N20がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

N20がおすすめな人
  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除メインで水拭き機能はあまり使わない人(モップパッド
  • ゴミステーションはいらない人(ゴミステーションなし
  • コスパ重視の人(3機種の中で一番安い
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

N20/PRO PLUS/PLUSを最安値で買う方法

最安値で買う方法

N20/PRO PLUS/PLUSが買える場所は、ネットショップ(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)、公式サイト、家電量販店などです。

N20/PRO PLUS/PLUSを最安値で買いたい人は「ネットショップ(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)」を使いましょう。

なぜなら各ネットショップでは独自のポイントサービスを導入しており、2~10%程度ポイントが付与されるので、実質定価以下で買えるからです。

購入はこちらから

こんな人におすすめ

  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除も水拭きもしっかりしてほしい人(振動モップパッド
  • ゴミステーションはほしい人(ゴミステーションあり
エコバックスジャパン公式 ストア
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

その他のエコバックス製品については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】エコバックスX2/X1/T30/T20/T20eの違いを比較 DEEBOT OMNI

【関連記事】エコバックスY1 PRO PLUS・Y1 PRO・Y1 PLUS・Y1の違いを比較|DEEBOT

N20/PRO PLUS/PLUSについてよくある質問まとめ

よくある質問

N20 PRO PLUS・N20 PLUS・N20について、よくある質問と回答をまとめました。

3機種でどれが一番おすすめですか?

3機種の価格差は最大で約20,000円程度なので、せっかくロボット掃除機を買うのであれば、最上位モデルの「DEEBOT N20 PRO PLUS」をおすすめします。

エコバックスジャパン公式 ストア
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

エコバックスはどこの国の製品ですか?

ECOVACS(エコバックス)は、1998年に中国で創業したロボットメーカーです。

水拭き機能にこだわる場合、他におすすめ機種はありますか?

水拭き機能にこだわるなら、エコバックスの上位モデルがおすすめです。

回転式モップ+温水洗浄+熱風乾燥」があるので、モップに関する手間がすべて省けます。

あきら

詳しくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】エコバックスX2/X1/T30/T20/T20eの違いを比較 DEEBOT OMNI

N20/PRO PLUS/PLUSの違いを比較 エコバックスDEEBOTまとめ

N20PROPLUS・N20PLUS・N20とBBBの違いを比較 エコバックスDEEBOTまとめ

エコバックスN20/PRO PLUS/PLUSの違いを比較しました。

両者の違いは7つで、他の機能や性能は同じです。

この記事の結論

N20 PRO PLUS・N20 PLUS・N20の違いは7つ

スクロールできます
DEEBOT N20 PRO PLUS
N20 PRO PLUS
DEEBOT N20 PRO
N20 PLUS
DEEBOT N20
N20
本体カラーホワイトブラックホワイト
水拭き機能振動モップパッドモップパッドモップパッド
ゴミステーションありありなし
サイズ
(幅×奥行×高さ)
【本体】
353×351×96mm
【ゴミステーション】
356×451×380mm
【本体】
353×351×96mm
【ゴミステーション】
356×451×380mm
【本体】
353×351×96mm
【充電台】
218×73×111mm
重量【本体】
約4.2kg
【ゴミステーション】
4.5kg
【本体】
約3.7kg
【ゴミステーション】
4.5kg
【本体】
約3.7kg
【充電台】
0.5kg
セット内容①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
ゴミステーション
⑨交換用ゴミパック
⑩モッププレート(2個)
⑪モップパッド(2個)
①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧ゴミステーション
⑨交換用ゴミパック
⑩モッププレート(1個)
⑪モップパッド(1個)
①DEEBOT本体
②メインブラシ
③サイドブラシ
④フィルター
⑤クイックマニュアル
⑥ベース
⑦電源ケーブル
⑧充電台
⑨モッププレート1個)
⑩モップパッド(1個)
価格(税込)69,800円62,800円49,990円
【参考】
発売日
2024年6月25日2024年6月25日2024年6月25日
N20PROPLUS・N20PLUS・N20の比較表

あきら

3機種とも他社と比べてかなりコスパがいい商品です。水拭き機能もあってコスパの良いロボット掃除機をお探しの人は、ぜひ購入を検討してみてください。

購入はこちらから

こんな人におすすめ

  • 吸引力が強いロボット掃除機がほしい人(8,000Pa
  • 掃除も水拭きもしっかりしてほしい人(振動モップパッド
  • ゴミステーションはほしい人(ゴミステーションあり
エコバックスジャパン公式 ストア
\年に1度のプライムデー!先行セール開催中/
Amazon
\超PayPay祭り開催中/
Yahooショッピング

【関連記事】エコバックスとルンバ比較 どっちがおすすめ?家電のプロが解説

その他のエコバックス製品については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】エコバックスX2/X1/T30/T20/T20eの違いを比較 DEEBOT OMNI

【関連記事】エコバックスY1 PRO PLUS・Y1 PRO・Y1 PLUS・Y1の違いを比較|DEEBOT

コメント

コメントする

タップできる目次