\ 【本日限定】特選タイムセール実施中 /

CV-SH150とCV-RH140の違いを比較 シャープ衣類乾燥除湿機

CV-SH150とCV-RH140の違いを比較 シャープ衣類乾燥除湿機

CV-SH150CV-RH140違いを知りたい」
CV-SH150CV-RH140どっちが自分に合っているのか知りたい」

あきら

この記事はこんなお悩みをスッキリ解決する記事です。

2024年3月14日にシャープ衣類乾燥除湿機の新型モデル「CV-SH150」が新発売

新型モデル発売にともない、CV-RH140は型落ちとなりました。

本記事では家電量販店マネージャーの私が、CV-SH150とCV-RH140の違いを徹底比較し、どちらがどんな人におすすめかについて解説しています。

この記事を読めば、どっちがあなたにぴったりの衣類乾燥除湿機かが分かります。除湿機で湿度のジメジメから解放されたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

CV-SH150とCV-RH140の違いは8つ

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
定格除湿能力
(50Hz/60Hz)
50Hz:12L/日
60Hz:13 L/日
50Hz:11L/日
60Hz:13 L/日
最大除湿能力
(50Hz/60Hz)
50Hz:13L/日
60Hz:15 L/日
50Hz:12L/日
60Hz:14 L/日
除湿可能面積の目安
(木造住宅~コンクリート住宅)
50Hz:15~30畳(25~50㎡)
60Hz:16~33畳(27~54㎡)
50Hz:14~28畳(23~46㎡)
60Hz:16~33畳(27~54㎡)
衣類乾燥時間(2kg)約57分(梅雨時)/約75分(冬季)約64分(梅雨時)/約80分(冬季)
消費電力
(衣類乾燥時)
50Hz:695W
60Hz:715W
50Hz:660W
60Hz:695W
衣類乾燥1回あたりの電気代目安22円(梅雨時)/約26円(冬季)23円(梅雨時)/約28円(冬季)
運転音
(衣類乾燥時)
速乾・標準:49/49dB
音控えめ:37/37dB
速乾・標準:51/51dB
音控えめ:39/39dB
価格(税込)77,670円約42,000円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年3月14日2023年3月9日
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

CV-SH150(新型モデル)がおすすめな人

  • 気分的に最新型の家電を使いたい人
  • 乾く時間は早いほうがいい人
  • 電気代は安いほうがいい人
  • 運転音は小さいほうがいい人

CV-RH140(型落ち)がおすすめな人

  • 乾く時間、電気代、運転音が気にならない人
  • コスパ重視の人(新型より約3.5万円安い

\ 運転音が小さく電気代が安い /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

型落ちは在庫限り今が狙い目コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約3.5万円安くてコスパ抜群 /

タップできる目次

CV-SH150とCV-RH140の違いを比較 シャープ衣類乾燥除湿機

CV-SH150とCV-RH140の違いを比較 シャープ衣類乾燥除湿機

CV-SH150(新型モデル)CV-RH140(型落ち)の違いは以下の8個です。

新旧モデル共通の特長は「CV-SH150とCV-RH140 共通の特長」をご覧ください。

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
定格除湿能力
(50Hz/60Hz)
50Hz:12L/日
60Hz:13 L/日
50Hz:11L/日
60Hz:13 L/日
最大除湿能力
(50Hz/60Hz)
50Hz:13L/日
60Hz:15 L/日
50Hz:12L/日
60Hz:14 L/日
除湿可能面積の目安
(木造住宅~コンクリート住宅)
50Hz:15~30畳(25~50㎡)
60Hz:16~33畳(27~54㎡)
50Hz:14~28畳(23~46㎡)
60Hz:16~33畳(27~54㎡)
衣類乾燥時間(2kg)約57分(梅雨時)/約75分(冬季)約64分(梅雨時)/約80分(冬季)
消費電力
(衣類乾燥時)
50Hz:695W
60Hz:715W
50Hz:660W
60Hz:695W
衣類乾燥1回あたりの電気代目安約22円(梅雨時)/約26円(冬季)約23円(梅雨時)/約28円(冬季)
運転音
(衣類乾燥時)
速乾・標準:49/49dB
音控えめ:37/37dB
速乾・標準:51/51dB
音控えめ:39/39dB
価格(税込)77,670円約42,000円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年3月14日2023年3月9日
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

除湿能力が向上し、1日あたりの除湿量が増えた

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
定格除湿能力(※1)
(50Hz/60Hz)
50Hz:12L/日
60Hz:13 L/日
50Hz:11L/日
60Hz:13 L/日
最大除湿能力(※2)
(50Hz/60Hz)
50Hz:13L/日
60Hz:15 L/日
50Hz:12L/日
60Hz:14 L/日
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

CV-SH150(新型モデル)はCV-RH140(型落ち)と比べて、定格除湿能力最大除湿能力が上がりました。

(※1)定格除湿能力とは除湿「標準」運転時。室温27℃、相対湿度60%を維持し続けたときの1日あたりの除湿量のこと。

(※2)最大除湿能力とは衣類乾燥「速乾」運転時。室温27℃、相対湿度60%を維持し続けたときの1日あたりの除湿量のこと。

あきら

部屋干し等で衣類乾燥をよく使う人にとっては嬉しい進化ですね。

除湿可能面積が広くなった

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
除湿可能面積の目安
(木造住宅~コンクリート住宅)
50Hz:15~30畳(25~50㎡)
60Hz:16~33畳(27~54㎡)
50Hz:14~28畳(23~46㎡)
60Hz:16~33畳(27~54㎡)
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

CV-SH150(新型モデル)は定格除湿能力最大除湿能力が上がったのと合わせて、除湿可能面積が広くなりました。

梅雨のジメジメした時期にリビング等で使いたい人にとって、除湿可能面積が広くなったのは嬉しい進化ですね。

衣類乾燥時間が短くなった

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
衣類乾燥時間(2kg)約57分(梅雨時)/約75分(冬季)約64分(梅雨時)/約80分(冬季)
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

CV-SH150(新型モデル)はCV-RH140(型落ち)と比べて、衣類の乾燥時間が少しだけ短くなりました。

2機種ともわずか1.5時間以下で衣類の乾燥ができるので、洗濯物が乾きにくい冬やジメジメする梅雨時期に大活躍します。

ハイブリッド式
あきら

乾燥時間が少しでも早いとほうがいいという意見は多いです。

消費電力は増えたが、1回あたりの電気代は安くなった

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
消費電力
(衣類乾燥時)
 50Hz:695W
60Hz:715W
50Hz:660W
60Hz:695W
衣類乾燥1回あたりの電気代目安約22円(梅雨時)/約26円(冬季)約23円(梅雨時)/約28円(冬季)
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

CV-SH150(新型モデル)の消費電力はCV-RH140(型落ち)より大きいですが、実際の電気代はCV-SH150(新型モデル)の方が安くなっています。

矛盾しているにも思えますが、シャープ公式サイトに詳しい説明はありませんでした。

運転音が静かになった

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
運転音
(衣類乾燥時)
速乾・標準:49/49dB
音控えめ:37/37dB
速乾・標準:51/51dB
音控えめ:39/39dB
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

CV-SH150(新型モデル)はCV-RH140(型落ち)に比べて、運転音が小さくなりました。

あきら

速乾・標準モードで運転音は最大49dbなので、人の会話よりも小さいです。リビングで使ってもテレビの音などを邪魔しません。

音量の目安

価格の差は約35,000円

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
価格(税込)77,670円約42,000円
(現在の入手価格)
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の価格の差は約35,000円です。

正直に言うと、2機種にほとんど性能の差はないので、私ならコスパ重視でCV-RH140(型落ち)をおすすめします。

\ 運転音が小さく電気代が安い /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon
あきら

型落ちは在庫限り今が狙い目コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約3.5万円安くてコスパ抜群 /

CV-SH150とCV-RH140 共通の特長 シャープ衣類乾燥除湿機

CV-SH150とCV-RH140 共通の特長 シャープ衣類乾燥除湿機

CV-SH150とCV-RH140で、共通する特長は以下の6つです。

新旧モデルの違いは「CV-SH150とCV-RH140の違いを比較」をご覧ください。

プラズマクラスター25000搭載で消臭&除菌ができる

プラズマクラスター25000はシャープ独自の空気清浄技術です。

高濃度のプラズマクラスターイオンを放出し、空気中のカビ菌、浮遊ウイルス、細菌などを抑制します。

部屋干し臭の原因となる菌を抑制

  • 生乾き臭の原因となる菌を抑制し、部屋干し臭をスピード消臭します。
  • 試験結果:靴下を48時間部屋干しした場合、生乾き臭を約90%抑制。

衣類に付着したニオイも除去

  • タバコ臭、ペット臭などの衣類に付着したニオイも分解・除去します。
  • 試験結果:タバコの煙を吹き付けたTシャツを乾燥した場合、タバコ臭を約99%除去。
プラズマクラスター25000搭載で消臭&除菌ができる
引用:シャープ公式サイト
プラズマクラスター25000搭載で消臭&除菌ができる
引用:シャープ公式サイト

除菌効果

  • 衣類に付着した菌を除菌
    • 衣類に付着した菌を浮かし、除菌します。
    • 試験結果:大腸菌を付着させたタオルを乾燥した場合、大腸菌を約99%除去。
  • 部屋の空気中の菌・ウイルスを除菌
    • 部屋の空気中のカビ菌、浮遊ウイルス、細菌などを抑制します。
    • 試験結果:空間浮遊する大腸菌を約99%除去。
あきら

その他以下のコースも装備されており、臭い対策これ一台でバッチリです。

  • 臭い戻り対策モード:乾燥後もプラズマクラスターイオンを放出し続け、臭いの戻りを抑制します。
  • 清潔衣類乾燥コース:プラズマクラスターイオンと温風を組み合わせ、より清潔に衣類を乾燥します。

ハイブリッド方式で一年中高い除湿能力を発揮

シャープ衣類乾燥除湿機のハイブリッド方式は、コンプレッサー方式とデシカント方式を組み合わせた方式で、1年中を通じてパワフルな除湿能力を実現しています。

ハイブリッド式
引用:シャープ公式サイト

コンプレッサー方式は、室内の湿った空気を冷やし、結露させて除湿する方式です。暑い季節に高い能力を発揮しますが、低温での除湿能力は低くなります。

デシカント方式は、シリカゲルのような乾燥剤を使って空気を乾燥させる方式です。コンプレッサー方式とは異なり、室温に左右されずに除湿能力を発揮できますが、消費電力が高くなります。

ハイブリッド方式は、コンプレッサー方式とデシカント方式のそれぞれの長所を活かし1年中を通じて高い除湿能力を発揮できます。

一年中高い除湿能力を発揮するハイブリッド方式
引用:シャープ公式サイト

湿度を見張って効率的に乾燥、除湿をしてくれる

シャープ衣類乾燥除湿機にはエコ自動モードが搭載されており、センサーが乾燥中の衣類の乾き具合を予測し、衣類乾燥状態を見極めて自動で乾燥運転を終了します。

湿度を見張って効率的に乾燥、除湿をしてくれる
引用:シャープ公式サイト

除湿にもエコ自動モードが搭載されており、部屋の温湿度に応じて、除湿と送風を切り替え、電気代を抑えながら快適な湿度を保ちます

広範囲に風を届けて、しっかり乾燥してくれる

シャープ衣類乾燥除湿機には広角ワイドルーバーが装備されており、広範囲にしっかりと風を届けて効率よく乾かします。

あきら

3種類(スイング/スポット/ワイド)の左右スイング、 4種類(上向き/前方/下向き/広角)の上下スイングで除湿された風を衣類に届けます。

広範囲に風を届けて、しっかり乾燥してくれる
引用:シャープ公式サイト

洗った靴を床に並べてそのまま乾かせたり、スポット送風でスピーディーに乾かすことも可能です。

洗った靴やスポット送風も可能
引用:シャープ公式サイト

オートオフ機能で切り忘れを防げる

シャープ衣類乾燥除湿機にはオートオフ機能があり、運転開始から約12時間経過すると自動的に運転停止します。

オートオフ機能で切り忘れを防げる
引用:シャープ公式サイト
あきら

切り忘れを防いで無駄な電気代を抑えられるのは地味に嬉しいですね。

使いやすさにこだわった充実機能がある

シャープ衣類乾燥除湿機には使いやすさにこだわった以下のような機能が充実しています。

  • 本体にホースをつなげば、24時間連続排水が可能。排水タンクに溜まった水を捨てに行く手間が省けたり、外出中などの長時間運転にも応えます。
  • 排水タンクはハンドル付きで持ち運びしやすい
  • 排水タンクの内部形状は凹凸が少なく、掃除がしやすい
  • ホコリブロックプレフィルターで大きなホコリを入り口でブロックできる
  • 4輪キャスター付きで移動がかんたん
  • 内部乾燥機能で本体内部も清潔に
使いやすさにこだわった充実機能がある
引用:シャープ公式サイト

CV-SH150とCV-RH140 共通のスペック

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
プラズマクラスター適用床面積約12畳(約20m²)
切タイマー1~9時間
フィルターホコリブロックプレフィルター
チャイルドロックあり
排水タンク容量約3.6L(ハンドル付)
使用可能温度1~38℃
外形寸法(幅×奥行×高さ)365×235×645mm
本体重量約15.0kg
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の共通スペック表

正直に言うと2機種にほとんど性能の差はないので、私ならコスパ重視でCV-RH140(型落ち)をおすすめします。

\ 運転音が小さく電気代が安い /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

\ 新型より約3.5万円安くてコスパ抜群 /

CV-SH150とCV-RH140 シャープ衣類乾燥除湿機がおすすめな人

CV-SH150とCV-RH140 シャープ衣類乾燥除湿機がおすすめな人

CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

CV-SH150(新型モデル)がおすすめな人

CV-SH150(新型モデル)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

CV-SH150(新型モデル)がおすすめな人
  • 気分的に最新型の家電を使いたい人
  • 乾く時間は早いほうがいい人
  • 電気代は安いほうがいい人
  • 運転音は小さいほうがいい人

\ 運転音が小さく電気代が安い /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

CV-RH140(型落ち)がおすすめな人

CV-RH140(型落ち)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

CV-RH140(型落ち)がおすすめな人
  • 乾く時間、電気代、運転音が気にならない人
  • コスパ重視の人(新型より約3.5万円安い

正直に言うと2機種にほとんど性能の差はないので、私ならコスパ重視でCV-RH140(型落ち)をおすすめします。

\ 新型より約3.5万円安くてコスパ抜群 /

シャープ衣類乾燥除湿機についてよくある質問まとめ

 東芝石窯ドームについてよくある質問まとめ

シャープ衣類乾燥除湿機について、よくある質問と回答をまとめました。

衣類乾燥除湿機と除湿機の何が違うのですか?

衣類乾燥除湿機は除湿機能に加えて、衣類乾燥機能を搭載しています。送風口から温風を吹き出し、衣類を効率的に乾燥できます。

一方、除湿機は除湿機能のみで、衣類乾燥には適していません。

どのくらいの広さの部屋に対応していますか?

機種によって異なりますが、一般的には8畳~30畳程度です。購入前に、設置する部屋の広さに合った機種を選ぶようにしましょう。

電気代はどのくらいですか?

機種や使用時間によって異なりますが、1時間あたり約20~40円程度です。

どこに設置すればよいですか?

平らで安定した場所に設置してください。また、壁や家具から離して設置し、通風を確保してください。

CV-SH150とCV-RH140の違いを比較 シャープ衣類乾燥除湿機まとめ

CV-SH150とCV-RH140の違いを比較 シャープ衣類乾燥除湿機まとめ

CV-SH150とCV-RH140 シャープ衣類乾燥除湿機の違いを比較しました。

両者の違いは8つで、他の機能や性能は同じです。

この記事の結論

CV-SH150とCV-RH140の違いは8つ

CV-SH150(新型モデル)
CV-SH150(新型モデル)
CV-RH140(型落ち)
CV-RH140(型落ち)
定格除湿能力
(50Hz/60Hz)
50Hz:12L/日
60Hz:13 L/日
50Hz:11L/日
60Hz:13 L/日
最大除湿能力
(50Hz/60Hz)
50Hz:13L/日
60Hz:15 L/日
50Hz:12L/日
60Hz:14 L/日
除湿可能面積の目安
(木造住宅~コンクリート住宅)
50Hz:15~30畳(25~50㎡)
60Hz:16~33畳(27~54㎡)
50Hz:14~28畳(23~46㎡)
60Hz:16~33畳(27~54㎡)
衣類乾燥時間(2kg)約57分(梅雨時)/約75分(冬季)約64分(梅雨時)/約80分(冬季)
消費電力
(衣類乾燥時)
50Hz:695W
60Hz:715W
50Hz:660W
60Hz:695W
衣類乾燥1回あたりの電気代目安約22円(梅雨時)/約26円(冬季)約23円(梅雨時)/約28円(冬季)
運転音
(衣類乾燥時)
速乾・標準:49/49dB
音控えめ:37/37dB
速乾・標準:51/51dB
音控えめ:39/39dB
価格(税込)77,670円約42,000円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年3月14日2023年3月9日
CV-SH150(新型モデル)とCV-RH140(型落ち)の比較表

CV-SH150(新型モデル)がおすすめな人

  • 気分的に最新型の家電を使いたい人
  • 乾く時間は早いほうがいい人
  • 電気代は安いほうがいい人
  • 運転音は小さいほうがいい人

CV-RH140(型落ち)がおすすめな人

  • 乾く時間、電気代、運転音が気にならない人
  • コスパ重視の人(新型より約3.5万円安い

\ 運転音が小さく電気代が安い /

\【本日限定】特選タイムセール実施中/
Amazon

型落ちは在庫限り今が狙い目コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約3.5万円安くてコスパ抜群 /

シャープ|SHARP 衣類乾燥除湿機 ホワイト CV-SH150-W [ハイブリッド方式]
総合評価
( 5 )
メリット
  • 除湿適用範囲が広い
  • 電気代が安い
  • 運転音が小さい
  • 乾くまでの時間が短い
デメリット
  • 値段が高い
  • 型落ちとそこまで機能の差がない

コメント

コメントする

タップできる目次