\ 【本日限定】特選タイムセール実施中 /

BeatsSolo(ビーツソロ)4と3Wirelessの違いを比較 Beatsヘッドフォン

BeatsSolo(ビーツソロ)4と3Wirelessの違いを比較 Beatsヘッドフォン

BeatsSolo(ビーツソロ)43Wireless違いを知りたい」
BeatsSolo(ビーツソロ)43Wirelessどっちが自分に合っているのか知りたい」

あきら

この記事はこんなお悩みをスッキリ解決する記事です。

2024年月5月14日にBeatsヘッドフォンの新型モデル「BeatsSolo(ビーツソロ)4」が新発売

新型モデル発売にともない、BeatsSolo(ビーツソロ)3Wirelessは型落ちとなりました。

本記事では家電量販店マネージャーの私が、BeatsSolo(ビーツソロ)4と3Wirelessの違いを徹底比較し、どちらがどんな人におすすめかについて解説しています。

この記事を読めば、どっちがあなたにぴったりのBeatsヘッドフォンかが分かります。音質の良いヘッドで毎日を充実させたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

BeatsSolo4とBeatsSolo3との違いは7つ

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
本体カラーマットブラック
ストレートブルー
クラウドピンク
マットブラック
クラブレッド(廃番)
ローズゴールド(廃番)
バッテリー最大50時間最大40時間
充電10分で最大5時間再生可能5分で最大3時間再生可能
サウンド64台のスピーカーに囲まれるような
空間オーディオ対応
空間オーディオ対応
有線接続3.5mmオーディオケーブル
USB-C⇒USB-C
3.5mmオーディオケーブル
USB-A⇒ USB Micro-B
本体重量217g215g
価格(税込)32,800円約27,800円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月14日2019年10月
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

BeatsSolo4(新型モデル)がおすすめな人

  • Beatsの最新型ヘッドフォンを使いたい人
  • なるべく長時間再生できるヘッドフォンがほしい人(最大50時間
  • 使い勝手のいいヘッドフォンがほしい人(USB-C接続
  • 少しでもいい音質で音楽を聴きたい人

BeatsSolo3(型落ち)がおすすめな人

  • 色はマットブラックのみでもいい人
  • 再生時間にこだわらない人
  • 使い勝手の良さにこだわらない人
  • コスパ重視の人(新型より約5,000円安い

\ サウンドの進化で没入感アップ /

型落ちは在庫限り今が狙い目コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約0.5万円安くてコスパ抜群 /

タップできる目次

BeatsSolo4とBeatsSolo3Wirelessの違いを比較 Beatsヘッドフォン

BeatsSolo4とBeatsSolo3Wirelessの違いを比較 Beatsヘッドフォン

BeatsSolo(新型モデル)BeatsSolo(型落ち)の違いは以下の7つです。

新旧モデル共通の特長は「BeatsSolo4とBeatsSolo3 共通の特長」をご覧ください。

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
本体カラーマットブラック
ストレートブルー
クラウドピンク
マットブラック
クラブレッド(廃番)
ローズゴールド(廃番)
バッテリー最大50時間最大40時間
充電10分で最大5時間再生可能5分で最大3時間再生可能
サウンド64台のスピーカーに囲まれるような
空間オーディオ対応
空間オーディオ対応
有線接続3.5mmオーディオケーブル
USB-C⇒USB-C
3.5mmオーディオケーブル
USB-A⇒ USB Micro-B
本体重量217g215g
価格(税込)32,800円約27,800円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月14日2019年10月
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表
あきら

以下の項目タップで飛べます

本体カラーは3色に変更(型落ちは1色のみ)

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
本体カラーマットブラック
ストレートブルー
クラウドピンク
マットブラック
クラブレッド(廃番)
ローズゴールド(廃番)
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

BeatsSolo4(新型モデル)は本体カラーは①マットブラック、②ストレートブルー、③クラウドピンクの3色のです。

BeatsSolo4(新型モデル)
マットブラック
BeatsSolo4(新型モデル)
ストレートブルー
BeatsSolo4(新型モデル)
クラウドピンク
あきら

BeatsSolo3(型落ち)も発売当初は3色でしたが2色は廃番となり、現在はマットブラックの1色のみです。

バッテリーは50時間再生でたっぷり使える(型落ちより10時間長い)

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
バッテリー最大50時間最大40時間
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

BeatsSolo4(新型モデル)では使用時間が最大50時間まで伸び、長時間の利用が可能になりました。

バッテリーは50時間再生でたっぷり使える(型落ちより10時間長い)
引用:Beats Solo公式サイト

通勤や通学など、使用頻度の高い人にとってバッテリーが長持ちするのは嬉しい進化ですね。

バッテリーが少なくても10分の充電で5時間再生可能

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
充電10分で最大5時間再生可能5分で最大3時間再生可能
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

バッテリー残量が少なくなっても、2機種とも「Fast Fuel機能(短時間での高速充電)」が搭載されているので安心です。

  • BeatsSolo4(新型モデル): 10分で最大5時間再生可能
  • BeatsSolo3(型落ち):5分で最大3時間再生可能
あきら

どちらも大差はありません。

64台のスピーカーに囲まれるような空間オーディオ対応

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
サウンド64台のスピーカーに囲まれるような
空間オーディオ対応
空間オーディオ対応
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

BeatsSolo4(新型モデル)はサウンドが進化し、同時に64台のスピーカーに囲まれているような感覚です。以下、公式サイトの説明です。

BeatsSolo4(新型モデル)では独自に設計された40mmトランスデューサーがノイズやレイテンシー、歪みを最小化し、クリアで広がりのある音を届けます。また、パーソナライズされた空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングは内臓ジャイロスコープと加速度センサーを利用。サウンドを頭の動きに合わせて臨場感あふれるオーディオ体験をもたらします。

BeatsSolo4公式サイトから抜粋

専門用語や難しい言葉が並んでいますが、分かりやすくいうと「音質が良くなった」と思ってもらえればOKです。

USB端子がUSB-Cになり、スマホやタブレットと接続しやすくなった

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
有線接続3.5mmオーディオケーブル
USB-C⇒USB-C
3.5mmオーディオケーブル
USB-A⇒ USB Micro-B
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

BeatsSolo4(新型モデル)は接続接続のときのケーブルがUSB-Cとなり、使い勝手が良くなりました。

あきら

本体側も充電側も両方USB-Cになったので、現在のニーズに合っていますね。

USB端子がUSB-Cになり、スマホやタブレットと接続しやすくなった
引用:Beats Solo公式サイト

本体重量はほぼ同じ

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
本体重量217g215g
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

本体重量はほぼ同じで、BeatsSolo4(新型モデル)が217g、BeatsSolo3(型落ち)は215gとなっています。

2機種地も快適さを目指した人間工学に基づくデザインで、着けていることを忘れるほどの軽さです。

価格の差は約5,000円

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
価格(税込)32,800円約27,800円
(現在の入手価格)
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

BeatsSolo4(新型モデル)とBeatsSolo3(型落ち)の価格の差は約5,000円です。

あきら

バッテリー時間が伸びたこと、サウンドの向上、USB-Cでの使い勝手の良さを考慮すると、価格差5,000円はかなり安く感じます

\ サウンドの進化で没入感アップ /

型落ちは在庫限り今が狙い目コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約0.5万円安くてコスパ抜群 /

BeatsSolo4とBeatsSolo3 共通の特長 Beatsヘッドフォン

BeatsSolo4とBeatsSolo3 共通の特長 Beatsヘッドフォン

BeatsSolo4とBeatsSolo3で、共通する特長は以下の4つです。

新旧モデルの違いは「BeatsSolo4とBeatsSolo3Wirelessの違いを比較」をご覧ください。

バッテリーが切れてもオーディオケーブルで使用可能

バッテリーが切れてもオーディオケーブルで使用可能
引用:Beats Solo公式サイト

本体の充電が切れても、3.5mmオーディオケーブルを使用したリスニングならリスニング可能。

あきら

普通のイヤホンと同じようにバッテリー関係なく使えるのは嬉しいですね。

コンパクトに折りたためて持ち運びが簡単

コンパクトに折りたためて持ち運びが簡単
引用:Beats Solo公式サイト

コンパクトに折りたためて持ち運びが簡単なので、通勤・通学でも邪魔になりません。

ソフトな着け心地で一日中装着しても疲れにくい

ソフトな着け心地で一日中装着しても疲れにくい
引用:Beats Solo公式サイト

人間工学に基づく角度のイヤーカップで、柔軟にフィットします。

ヘッドバンドとサイズ調整可能なスライダーがついているので、どんな人の頭にもフィットします。

AppleでもAndroidでも使用できる

AppleでもAndroidでも使用できる
引用:Beats Solo公式サイト

BeatsSoloはApple製品、AndroidともにBluetooth接続可能です。

誰でもかんたんにワンタッチでペアリングできるので、機械の操作が苦手な人も安心です。

\ サウンドの進化で没入感アップ /

型落ちは在庫限り今が狙い目コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約0.5万円安くてコスパ抜群 /

BeatsSolo4とBeatsSolo3 Beatsヘッドフォンがおすすめな人

BeatsSolo4とBeatsSolo3 Beatsヘッドフォンがおすすめな人

BeatsSolo4(新型モデル)とBeatsSolo3(型落ち)、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

BeatsSolo4(新型モデル)がおすすめな人

BeatsSolo4(新型モデル)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

BeatsSolo4(新型モデル)がおすすめな人
  • Beatsの最新型ヘッドフォンを使いたい人
  • なるべく長時間再生できるヘッドフォンがほしい人(最大50時間
  • 使い勝手のいいヘッドフォンがほしい人(USB-C接続
  • 少しでもいい音質で音楽を聴きたい人
あきら

音質を気にする人に、とくにBeatsSolo(新型モデル)はおすすめです。

\ サウンドの進化で没入感アップ /

BeatsSolo3(型落ち)がおすすめな人

BeatsSolo3(型落ち)がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

BeatsSolo3(型落ち)がおすすめな人
  • 色はマットブラックのみでもいい人
  • 再生時間にこだわらない人
  • 使い勝手の良さにこだわらない人
  • コスパ重視の人(新型より約5,000円安い

型落ちは在庫限り今が狙い目コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約0.5万円安くてコスパ抜群 /

BeatsSolo4とBeatsSolo3の違いについてよくある質問まとめ

 東芝石窯ドームについてよくある質問まとめ

Beatsヘッドホンについて、よくある質問と回答をまとめました。

ノイズキャンセリング機能はありますか?

2機種ともノイズキャンセリング機能はありません。

本体で音楽の操作はできますか?

操作機能は、左側のイヤーカップに搭載されています。オーディオを操作するには、「b」ボタンを使います。ボタンを1回押すと再生/一時停止、2回押すと次のトラックにスキップ、3回押すと前のトラックにスキップできます。音量は、「b」ボタンの上下にある音量ボタンで調整できます。

マイクは内蔵されていますか?

通話や音声アシスタントのためのマイクが内蔵されています。

BeatsSolo4とBeatsSolo3の違いを比較 Beatsヘッドフォンまとめ

BeatsSolo4とBeatsSolo3の違いを比較 Beatsヘッドフォンまとめ

BeatsSolo4とBeatsSolo3 Beatsヘッドフォンの違いを比較しました。

両者の違いは7つで、他の機能や性能は同じです。

この記事の結論

BeatsSolo4とBeatsSolo3との違いは7つ

BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo4(新型モデル)
BeatsSolo3(型落ち)
BeatsSolo3(型落ち)
本体カラーマットブラック
ストレートブルー
クラウドピンク
マットブラック
クラブレッド(廃番)
ローズゴールド(廃番)
バッテリー最大50時間最大40時間
充電10分で最大5時間再生可能5分で最大3時間再生可能
サウンド64台のスピーカーに囲まれるような
空間オーディオ対応
空間オーディオ対応
有線接続3.5mmオーディオケーブル
USB-C⇒USB-C
3.5mmオーディオケーブル
USB-A⇒ USB Micro-B
本体重量217g215g
価格(税込)32,800円約27,800円
(現在の入手価格)
【参考】
発売日
2024年5月14日2019年10月
BeatsSolo(新型モデル)とBeatsSolo(型落ち)の比較表

BeatsSolo4(新型モデル)がおすすめな人

  • Beatsの最新型ヘッドフォンを使いたい人
  • なるべく長時間再生できるヘッドフォンがほしい人(最大50時間
  • 使い勝手のいいヘッドフォンがほしい人(USB-C接続
  • 少しでもいい音質で音楽を聴きたい人

BeatsSolo3(型落ち)がおすすめな人

  • 色はマットブラックのみでもいい人
  • 再生時間にこだわらない人
  • 使い勝手の良さにこだわらない人
  • コスパ重視の人(新型より約5,000円安い

\ サウンドの進化で没入感アップ /

型落ちは在庫限り今が狙い目コスパ重視の人におすすめです。

\ 新型より約0.5万円安くてコスパ抜群 /

Beats Solo 4 – ワイヤレスBluetoothオンイヤーヘッドフォン
総合評価
( 5 )
メリット
  • 再生時間が50時間になった
  • サウンドがよくなった
  • カラーが3色になった
デメリット
  • 値段が高い
  • 少しだけ重たくなった

コメント

コメントする

タップできる目次